テーマ:東急、伊豆急

ザ・ロイヤル・エクスプレス出発

ザ・ロイヤル・エクスプレス出発 去る平成29年7月21日。東急と伊豆急行が伊豆復活をかけて送り出した車両ザ・ロイヤル・エクスプレスがクルーズ開始となりました。当日、痛いぐらいの日差しの中、始発駅の横浜駅では関係者が列席しての出発式が行われました。 その場でこの車両を目にした印象ですが、改造車となったアルファリゾート21の形状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池上線池上駅、工事開始

池上線池上駅、工事開始 2020年9月の完成予定で、東急池上線池上駅ビルの建設工事がいよいよ始まりそうです。 バスターミナル一部を囲い、駅南側には建築資材置き場などが出来つつあります。 工事の進捗状況によっては東急で唯一残存する駅構内踏切も早々に消えるかもしれません。 周りの風景が変わらないうちに記録として残していきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東急池上線池上駅の構内踏切

東急池上線池上駅の構内踏切 東急池上線池上駅構内には、東急線唯一の構内踏切が存在します。 3両編成でコトコト走る電車にはぴったりの光景なのですが、このたび2020年をめどに池上駅の建て替えが発表されましたね。これに伴い構内踏切も無くなることになります。 池上にはお客様が多々いらっしゃいますので、ご訪問のついでに記録してはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の特急踊り子110号

本日の特急踊り子110号 予定通り、復活ストライプ塗装のA8編成が充当されていました。 お客様訪問の帰りに、どしゃぶりの品川駅で撮影。 このままいくと、またまた、今晩と明日朝は、あかぎですね。 しかし、ひどい雨だ・・・・。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リゾート踊り子号

リゾート踊り子号 数年前までは、土休日のリゾート踊り子号の運転に加え、夏のシーズンにはシーリゾート踊り子号なるものも運転されていましたが、今夏は仕方ないか。 21世紀も(とっくに)迎えたのですが、果たしてリゾート21、2100系は21世紀を先取りした車両として人々の記憶に残っているのでしょうか。誕生時は、展望室付きの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東急田園都市線・溝の口~長津田開通45周年マーク

東急田園都市線・溝の口~長津田開通45周年マーク 先週の土曜日から、田園都市線溝の口~長津田間、開通45周年を記念したマークが、東急田園都市線を走る1編成に貼られています。その唯一の編成が、行先方向幕が残り、排障スカートがない8606Fという編成です。このところ、34Kという終日運用に就いていましたので、お客様ご訪問の時間に合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十和田観光電鉄

十和田観光電鉄 大正3年に創立した会社で、現在では鉄道のみならず、路線バス、遊覧船、ホテル事業を営み、十和田市周辺に根付いた経営を行っています。鉄道路線としては、JR東北本線三沢駅から十和田市駅までの区間となっています。 豊多摩時代の友人が、今週から十和田へ出張ということで、写真をメールで送ってくれました。 彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の8606F

今日の8606F 東急田園都市線には、8500系という系列の電車が走っています。 一般の人からすると「田園都市線の古い電車」というみたいですが、鉄道ファンからすると未だ未だ活躍してほしい電車でしょう。その8500系ですが、更新工事により、行先方向幕が三色LEDやフルカラーに変更され、拝障スカートも取り付けられ、原型顔を見られるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リゾートを感じさせる伊豆急

リゾートを感じさせる伊豆急 さて、リゾート21を所有する伊豆急行線は、伊東と伊豆急下田を結ぶ路線です。 写真は、片瀬白田付近を走行するリゾート21です。 私が伊豆急を撮影しに行くときには、必ずこの場所を組み込みます。午前中が順光なのですが、ここで撮影をしていると、夏の日差しを浴びて、私も直ぐに日焼けしてしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならリゾート21 2次車

さよならリゾート21 2次車 5編成存在した伊豆急行2100系、リゾート21も、老朽化により2編成が廃止となりました。 伊豆東海岸へのアクセスとして、東京駅からも、踊り子号が直通運転されている伊豆急行線。ここに20年程前、リゾート21という風変わりな電車が登場しました。この電車、運転席後ろは展望席が設置され、海側の座席は窓も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more