テーマ:つばめ・有明・かもめ・みどり・にちりん

春の九州に誘われて・その54

春の九州に誘われて・その54 鳥栖まで足を伸ばし始めたEF81担当の貨物列車がやってきました。 前日にスペースワールド駅で撮影した時には、EF81 304号機がやってきました。 で、翌日。 原田で一緒に撮影していた熊本の方と「昨日、304号機が来たんですよ。」「僕が撮る時は、頻繁にEF81 452しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の九州に誘われて その53

春の九州に誘われて その53 ゆふいんの森キハ71です。 先日、ご紹介しましたキハ72とは、微妙に形が異なっています。 車内設備は、さほどの差はないようですので、いずれの車両に乗車しても、博多から由布院まで快適な旅をおくることが出来ます。木をふんだんに使用した車内は、まさしく由布院の「森」。メタリックグリーンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その52

春の九州に誘われて その52 キハ31がやってきました。 国鉄の分割民営化をにらんで、国の債務で各島に予め新製車が投入されました。 そのうち、九州に投入されたのがキハ31です。当初は熊本地区に投入されましたが、JR発足後、転属があり、ここ筑豊地区でも運行がなされています。 かつては、炭鉱の町が各所に存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その51

春の九州に誘われて その51 783系かもめ・みどり・HTB号です。 先頭は783系かもめですが、後にみどり、ハウステンボス号が連結されています。豪華13両編成の特急列車です。国鉄時代は10両を越える特急列車が当たり前のように走っていましたが、国鉄末期から短編成で、本数を多くという方針のようで、4両や6両といったミニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その50

春の九州に誘われて その50 特急ハウステンボス(以下HTB)&みどり号です。 久しく、特急みどり号は、特急かもめ号と博多~肥前山口間を併結運転されていました。 その後、HTB開業後、特急HTBが登場、かもめ、みどり、HTB号といった3列車が併結されることになりました。885系の白いかもめが登場後は、かもめ号の一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その49

春の九州に誘われて その49 885系かもめ号がやってきました。 特急かもめに相応しい車両ですね。 ホワイトの車体に、アクセントで黄色と黒色が用いられています。 ただ、振り子式電車なので、革張りのシートと相まって乗り心地は、どうなんでしょう?? 立ち客の方や車内販売の方も大変なのでしょうか? この88…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

春の九州に誘われて その48

春の九州に誘われて その48 787系でも、こっちは「ありあけ」号。 赤い四角マークが目印です。 以前は、この四角内に「ありあけ」と書かれていましたが、コスト削減、車両共通化のためでしょうか、現在ではロゴが消えています。 特急有明は、国鉄時代から存在する歴史ある鹿児島本線の特急列車です。485系ボンネット車が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その47

春の九州に誘われて その47 原田駅で撮影をしていると、頻繁にやってくるのが787系リレーつばめ号です。 ほぼ1時間に2本の割合でやってきますので、なかなか撮り応えがありますよ。 その合間には、かもめ、みどり、HSB、ゆふいんの森号が通過するので、楽しいことこの上ないです。 4/3当日も、熊本からいらっしゃっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その46

春の九州に誘われて その46 4/3分原田駅での撮影です。 リバーサルの現像が出来ましたので、何枚かUPします。 35キロ制限表示が目障りなのですが、これを上手く処理するのもテクニックです。と言ってもテクニック的に上手に処理されてませんので、画像が粗い事と合わせて、ご了承下さい。 まずは、先陣をきってキハ72ゆふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その45

春の九州に誘われて その45 小倉駅で、親しい方へのお土産を物色するために、まずは揚子江の肉まんを買いに、小倉駅の外に出てみました。 小倉駅コンコース上には、モノレールが出入りをしています。 JR小倉駅ビルと直角に交わるように、コンコース上にモノレール小倉駅が存在しており、あたかも空中楼閣のようです。自分が歩いてい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の九州に誘われて その44

春の九州に誘われて その44 それでは、787系リレーつばめの側面を見てみましょう。 他の特急と同様、ステッカーが有効活用されています。 グリーン車横のスペースには、大きく「Relay TSUBAME」とあります。これは大きな宣伝にもなるし、誤乗防止にもなります。しかもセンスが良いと思いませんか? この部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その43

春の九州に誘われて その43 リレーつばめ号です。 JR九州が誇る特急電車群のうち、真打登場といったところでしょうか。 787系リレーつばめ号です。 当初、博多~西鹿児島間の特急つばめ号として投入された787系ですが、九州新幹線新八代~鹿児島中央(旧西鹿児島)間の開業に伴い、主に博多~新八代間の新幹線アクセス特急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その42

春の九州に誘われて その42 そろそろ、楽しかったJR九州の列車たちともお別れです。 上りの新幹線に乗車するために、門司港を離れ、小倉駅へと向かいます。 途中、北九州ターミナル貨物駅では、パンタグラフが外された痛々しいEF81が留置されていました。おそらく400番台機なのでしょうが、何番かは判りません。又、写真には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その41

春の九州に誘われて その41 所用も予定通り終了し、かつ早めの電車に乗れました。 今度は在来線の新下関駅から、関門トンネルをくぐり、新幹線に乗車するために小倉駅へと向かいます。 と、その前に、多少、時間がありましたので、関門トンネルが出来る前には、九州の玄関口であった門司港駅に立ち寄ろうと思います。 JR九州とJ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その37

春の九州に誘われて その37 TVでは、○○コ・デラックスなる人物が出演しておりますが・・・・。 こちらは、ゆふDX(デラックス)号です。 1編成しかありませんので、先日、紹介した赤いキハ185系ゆふとの交互の運転となります。 春らしい菜の花色の車体となっています。こちらの列車も、久大本線経由で博多~大分間の運転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その36

春の九州に誘われて その36 885系白いソニックです。 885系白いかもめと、車体はほぼ変わらないのですが、カラーの使いようと、ライトボックスの差異から、印象が異なりますね。 白いソニックを使用する「ソニック」号には、時刻表で明記されているので、885系に当たることは当るのですが、最近では、885系白いかもめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その35

春の九州に誘われて その35 ワンダーランドエクスプレス883系ソニックです。 以前の記事で、883系ソニックが、遊園地のような外内装から、落ち着いた外内装にリニューアルしたと書きました。 ただ、外装は変化しても、WONDERLAND EXPRESSは現役です。このように、ステッカーが貼られています。 883…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その34

春の九州に誘われて その34 さて、翌4月3日、ホテルで朝食をとり、またまた博多駅へ駅撮りに向かいます。 今朝の一発目は、にちりんシーガイア号の宮崎空港行きです。 先日の記事で、783系にちりん号が博多駅に顔を見せるのは、1日2往復だと書きました。 1往復は、先日の記事のドリームにちりん号、そして、もう1往復…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の九州に誘われて その33

春の九州に誘われて その33 500系こだまを撮り終え、4月2日の撮影は終了です。 金曜の夜ですが、人気もまばらな博多駅前広場を、今夜の宿泊先であるコンフォートホテル博多へ急ぎます。 既に、夕刻に一度チェックインをしておりましたが、改めて部屋を見渡すと、広い部屋です。 JR東海ツアーズからの予約だったので、広い部屋に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その31

春の九州に誘われて その31 さて、夜間、博多駅で撮影をしていると、こんな列車がやってきました。 香椎線のキハ47です。 香椎線は、西戸崎~宇美間を結ぶローカル線で、鹿児島本線とは途中、香椎駅で接続しています。 海側の終点である西戸崎駅周辺には、日本史で有名な「漢委奴国王」の金印が見つかった志賀島があります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その30

春の九州に誘われて その30 ハウステンボス編成 龍馬ラッピング車 さて、783系かもめ編成に、大河ドラマ龍馬伝にちなんだラッピング編成が登場したと、先日の記事で書きました。 どうやら、ハウステンボス編成にも、ラッピング車があるようです。 有名な坂本龍馬の立像写真も、加えられています。 写真はハウス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その29

春の九州に誘われて その29 HTB号です。 HTB用783系にも、みどり号同様、貫通型先頭車両が存在します。 手前の赤い扉、そして HUIS TEN BOSCHとロゴが入っているのが、HTB用貫通型先頭車両です。 左が、以前紹介した、みどり用貫通型先頭車両です。というわけで、かもめ、みどり、HTBの3列車が併結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その28

春の九州に誘われて その28 特急ハウステンボス(以下HTB)です。 勿論、長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現したテーマパーク、ハウステンボスへ向かう特急列車です。 JR九州らしい「赤」がメインとなった、派手めな特急車両です。 以前、存在した長崎オランダ村の拡大版として、開園したハウステンボス。パーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その27

春の九州に誘われて その27 783系みどり号用車両です。 貫通車に対して、非貫通車は、ベース色は、にちりん号やかもめ号用783系と同じ銀色ですが、スカートや側面の乗車ドアが緑色となっており、しっかりと、みどり専用車であることを主張しています。 783系は、登場時、前面は白、車体側面はステンレス地に赤い帯を巻いていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その26

春の九州に誘われて その26 特急みどり号です。 改造貫通車なのですが、面白い前面となっています。 みどり号は、国鉄時代から、長崎行き特急かもめ号と併結運転されており、肥前山口駅から分割、特急みどりは佐世保へと向かいます。ハウステンボス開業に伴い、博多~ハウステンボス間に特急ハウステンボスが設定された後は、更に、途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その25

春の九州に誘われて その25 783系には、大河ドラマ「龍馬伝」に関係のある長崎をアピールするためのラッピング車両が、期間限定で走っています。 様々なパターンがあるのは、先日、記事にしました。 783系かもめ編成では、スカジャンのような柄の竜も、あります。 ラッピング車両の先頭には 龍馬くんが・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その24

春の九州に誘われて その24 ドリームにちりん号。 にちりん号は、博多駅には昼間時は顔を出しませんが、朝と夜の2往復のみ顔を出します。 夜間の列車名が「ドリームにちりん」号です。 国鉄時代から、門司港~西鹿児島間には夜行列車が走っていました。鹿児島本線経由では、急行「かいもん」、日豊本線経由では、急行「日南」です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その23

春の九州に誘われて その23 特急「かいおう」です。 黄色の愛称幕は、787系では珍しいでしょうか。 ホームライナー的な特急です。博多と直方を、鹿児島本線、篠栗線、筑豊本線を経由して結びます。 筑豊本線には、かつて、寝台特急あかつきの一部の編成が深夜走行していましたが、それ以来の特急復活となります。2001年、路線愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州に誘われて その22

春の九州に誘われて その22 今回の旅行でも頻繁に見受けられた883系ソニック号です。 写真は、フロントパネルの「S」が印象的な3、4次車です。 883系は1994年に、博多~大分間で優勢だった高速バスに対抗するために、投入されました。 こちらも、白いかもめ885系と同様、振り子式電車で、小倉~大分の日豊本線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の九州にさそわれて その21

春の九州にさそわれて その21 一度、ホテルにチェックインし、晩御飯を食べがてら、再び博多駅に入場しました。 長崎行きのかもめ号は、前回の記事で取り上げた885系白いかもめと共に、783系ハイパーサルーンで運転されています。885系のかもめは、単独運転。対して、783系は、佐世保行きの「みどり」号、及びハウステンボス行きの「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more