テーマ:鉄道写真

東海道ブルートレインは、過去の鉄道少年の記憶の中へ

東海道ブルートレインは、過去の鉄道少年の記憶の中へ とうとう最終日になりました。 13時頃、お客様への訪問で山手線に乗車しました。品川を出ると、富士・はやぶさの客車が、ラストランに向けて洗浄中でした。さらに機関庫前では、牽引機のEF66も洗浄中でした。品川~有楽町の各駅の先端には、5時間後のために場所取りをしている撮り鉄の方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら寝台特急富士 記念乗車券・オレンジカード

さよなら寝台特急富士 記念乗車券・オレンジカード JR九州では、今回の寝台特急富士・はやぶさの廃止を惜しんで、記念乗車券、オレンジカードそして記念グッズの販売をしています。 その中で、さよなら富士記念乗車券、オレンジカードを通販で購入してみました。JR九州のHPによると、オレンジカードは完売だそうです。ただ、このオレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよなら寝台特急富士・はやぶさ記念弁当

さよなら寝台特急富士・はやぶさ記念弁当 さて、ブルートレイン牽引機撮影会で、もらったお弁当を開けてみます。 包み紙を取ると 割り箸もNREの通常のものではなく、特製の袋になっています。 さて、中を見てみましょう。 お弁当の中身のお品書きが、富士・はやぶさの路線図と共に書かれています。もちろん、富士、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道ブルトレ廃止が現実のものに・・・・

東海道ブルトレ廃止が現実のものに・・・・ JR東のHPにダイヤ改正についての告知がありました。 一番、最後の最後に 寝台特急はやぶさ・富士の廃止、ムーンライトながら、ムーンライトえちごの臨時列車化 とありました。 噂は真実に・・・・。 皆様、撮影する際にはくれぐれもお気をつけて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸新幹線の行方

北陸新幹線の行方 先程、ネットのニュースで読んだのですが、北陸新幹線金沢~福井着工、敦賀駅部分着工について、09年度政府予算に計上されたとのこと。 北陸新幹線は現在、長野(行き)新幹線として先行開業している高崎~長野を延長する形で、建設されています。北陸新幹線オフィシャルHPによると、平成26年度までに金沢までの開業を予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SL湯けむり号牽引機変更

SL湯けむり号牽引機変更 来る12月20、21日の両日。陸羽東線小牛田~新庄間で、SL湯けむり号が走ります。 しかし、鳴子観光協会のHPやJR各駅の電光掲示板にて、告知されておりますように、当初牽引予定のD51から、C11に牽引機が変更されます。告知通りとすると、D51のボイラー不具合とのことです。当の機関士が何か失敗をしで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これで終わりかな 電源車

これで終わりかな 電源車 これまでの話にも出てきましたが・・・・ 大阪と札幌を結ぶトワイライトエクスプレス色のカニ24です。 塗装が変われば印象も変わるものですね。 通常のトワイライトは、函館駅の一つ手前の五稜郭駅で機関車を付け替えるので、函館までは入線しません。写真の時のものは、団体臨時列車で函館まで入線、留置され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ、電源車 その2

まだまだ、電源車 その2 今回はカニ24-100番台編です。 国鉄時代、東京駅12番線に到着した寝台特急瀬戸号のカニ24-100番台です。これから機回しをして、品川へ回送されていきます。お隣には横須賀線が停車中。これがオリジナルの姿です。 時は移り、平成17年に撮影しました。青森駅での日本海3号です。JR東日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならEF55

さよならEF55 この週末はEF55の撮影で、上越方面へ行かれた方も多いと思います。 私は生憎、都合で行けなかったので、WEBで公開された皆さんの写真を拝見しておりました。 上越方面は今回で終わり、残るは信越本線横川までの片道走行が数回ですね。 上野への乗り入れも思い出となりました。 下はJR化直後?の「EF55パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ、電源車です

まだまだ、電源車です カニ24を正面から撮ってみました。 カニ24 0番台を使用した、ゆうづる号です。ゆうづる号では、本数が多数あったので電源車にも様々なバリエーションが見られました。カヤ24も見かけました。客車についても、24系24形、24系25形、14系も存在したでしょうか(人気なのは583系電車の方ですかね)。この…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

突然ですが、電源車です その3

突然ですが、電源車です その3 カニ24という電源車、JR化後には老朽化、電源供給量の拡大化のため、外観が微妙に変化したものが存在します。 右はカニ24-0番台なのですが、雨どいが車両前面まで取り付けられ、再塗装の過程で、愛称幕回りの白枠も省略されました。また銀帯だったものが白帯に変わり、更に車両裾部にも白帯が巻かれると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然ですが、電源車です その2

突然ですが、電源車です その2 今回は、電源車カニ24の派生種をば。 マイクロスカート付きカニ24ですが、なぜか2本目のステンレスの飾り帯が、スカート近くに下げられて取り付けられています。 あさかぜ、出雲用にグレードアップされ、銀帯2本から金帯3本になったカニ24-100番台2両です。間には上記のカニ24が富士…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

突然ですが、電源車です。

突然ですが、電源車です。 電源車の傍にいると、体の中にまで響く重低音のディーゼル発電の音、そして排出される煙。旅情を誘います。 前途が決して明るくない寝台列車。各車両に電源を供給しているのが、その名の通り電源車です。列車の先頭、最高尾に位置するので、割と目にする機会は多いですかね。しかし、寝台列車も数が少なくなり、かつ電源車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話題のEF510です。

話題のEF510です JR東から、北斗星及びカシオペア、そして貨物列車牽引機としてデビューさせると、リリースされたEF510形式です。 近江舞子でのEF510です。富山機関区に配属されているので、頻繁に見られるのは湖西線、北陸本線となります。 EF510は、交直両用試作車として誕生したEF500を、ベースに誕生しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならEF55・その2

さよならEF55・その2 いよいよ明日から、EF55のさよなら運転が始まります。 私は1回、撮影に行けるかどうかなのですが・・・。 明日、上野発はラストラン。尾久からの回送列車と営業列車を撮りたいのですがね~。某鉄道雑誌には掲載されていると思うのですが、今夕か明日早朝に高崎から回送されてくるでしょうから、それも見逃せません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシオペア・牽引電気機関車置き換えということで

カシオペア・牽引電気機関車置き換えということで 今度はカシオペア牽引用EF81です。 カシオペア塗装のEF81です。写真は北斗星ですが、たまにカシオペア牽引機が、北斗星や他の寝台特急を牽引することがあります。 正統カシオペア編成です。 EF510となっても、北斗星塗装、カシオペア塗装とが登場するのでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗星・牽引電気機関車置き換えということで

北斗星・牽引電気機関車置き換えということで 現在、本州内で北斗星を牽引しているEF81形電気機関車です。 国鉄時代にはローズピンク色だったのですが、JR東日本となり、次第に赤色に塗り替えられていきました。その中でも、田端機関区のEF81は寝台特急牽引用として、車体側面に「流れ星」が描かれています。 東大宮~蓮田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北斗星・カシオペア牽引電気機関車置き換え

北斗星・カシオペア牽引電気機関車置き換え JR東日本のHPにリリースされています。 北斗星を牽引するEF81 2010年春を目途に、寝台特急北斗星、カシオペア(以下、北斗星等)用電気機関車が置き換えられるようです。 現在、北斗星等牽引には、EF81という電気機関車があたっています。EF81は交直流両用の電気機関車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京メトロ6000系

東京メトロ6000系 今でも営団6000系と言ってしまいそうですが・・・・ こちらも、普段は、あまり私には縁のない車両です。 ただ、左右非対称の前面に、幼心にも非常に衝撃を受けたのを覚えています。ちょうど小田急と千代田線の直通運転が開始された時期に、千代田線に乗って出かける機会があったのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

207系試作車に出会う。

207系試作車に出会う。 代々木上原にて数本待ったら、207系900番台車がやってきました。 JR東日本のHPによると 「1986年に登場した国鉄初のVVVFインバータ制御電車。車体などは205系に準じているが、東京メトロ千代田線に乗り入れるため前面に非常扉が設けられている。1編成だけ試作的に製造されたため、出会うチャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さよならEF55

さよならEF55 EF55が遂に引退するそうです。 JR東日本のホームページのよると 「1936年生まれの流線形電気機関車。前後でスタイルが異なるため、蒸気機関車のように方向転換が必要。除籍されていたが、1986年に動態復元。準鉄道記念物。」 とあります。 1986年(昭和61年)に大宮工場で整備され、復活した後は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長野総合車両センター鉄道フェスタ

長野総合車両センター鉄道フェスタ 10月11日(土曜日)、JR東日本長野総合車両センターにて、鉄道の日を記念し「鉄道フェスタ」が開催されました。 この三連休、奥さんの実家で藁運びをする(桃の木の根元に撒く)ために、長野へ行っておりました。ただ幸いというか生憎というか、土曜日は天気も不安定で、かつ、稲穂の脱穀が未だなされていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のぞみ170号の運転から、もう一ヶ月前になるのですね・・・。

ここでちょいと、一休み。 8月12日に、500系のぞみが東京駅で並ぶということに触れました。その際、リバーサルで撮った写真が、今更ながら出来上がったので、お見せします。 500系同士のライトを強調してみました。 左がW1編成(のぞみ170号)、右がW2編成と見事に並びました。 こんな光景、いつまで見られるのでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特急あがつま草津号

特急あがつま草津号 特急あがつま草津号が新宿~長野原草津口で運転されています。 この特急、臨時列車ながらも、ステッカーの愛称名が表示されています。 ところで、この愛称シールなのですが、昨年秋の時に運転されたものでは 秋ということで、背景の山々は紅葉しています。また湯もみをしている温泉には、「何も」浸かっていません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さて、お次の撮影地へやってまいりました。

お次の撮影地はここです。 JR浜松町駅です。 ここ浜松町駅ホーム上には、小便小僧があるのは、皆さんご存知だと思われます。地域の方々が、毎月毎月、この小便小僧の衣装を作成し、着せ替えていらっしゃいます。新入学シーズンには新入生のいでたち、消防週間の時は、消防士の姿、サッカーワールドカッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道ブルトレ・その4 富士

東海道ブルトレ・その4 富士 18時発は寝台特急富士号、西鹿児島行きとなります。 18時ちょうどに東京駅を出発して、日豊線回りで終点西鹿児島駅(現鹿児島中央駅)に到着するのは、翌日の18時過ぎ。24時間をかけて走行していました。このため当時は、富士号のレコードが発売されるほどで、その内容は東京駅の出発シーンから、車内アナウン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道ブルトレ・その3 寝台特急みずほ

東海道ブルトレ・その3 寝台特急みずほ 17時になると、東京駅も夜行列車に合う雰囲気となってきます。 三番手は、みずほ号です。 長崎、熊本行きのみずほ号は14系寝台車を使用しており、先のさくら号と共通運用となっていました。 これも、近所のお兄さんから頂いた写真です。みずほ号にも二つのヘッドマークが存在したんですよね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道ブルトレその2・寝台特急はやぶさ

東海道ブルトレその2・寝台特急はやぶさ さて、寝台特急さくらの次は、はやぶさ号が入線します。 はやぶさは、一度、東京をスルーして神田で機関車を機回ししてから、東京駅に入線します。そして、16:45頃、東京駅を発車し長躯、西鹿児島へ向かいます。当時、西鹿児島行きは、鹿児島本線回りのはやぶさ、日豊本線回りの富士がありました。24時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道ブルトレその1・寝台特急さくら

東海道ブルトレその1・寝台特急さくら 昭和の子供達のブルトレブームを再現します。 当時の寝台特急は、愛称名も本数も多く、寝台特急○○9号なんて、まるでL特急のような本数をほこる列車までありました。その中でも東海道本線系列の寝台特急は、国鉄合理化の波をもろともせず、牽引する電気機関車にヘッドマークをかかげるものであり、子供達の中で…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

小田急ロマンスカーHiSE

小田急ロマンスカーHiSE LSEの次に登場したHiSE。ハイデッカー(高床)のため、バリアフリーが推進されている現在では、その存在が難しいものとなっています。今でも10000形同士のすれ違いは見られるのかな? このブログでも取り上げているように、小田急ロマンスカーHiSE車は、現在2編成が、長野電鉄ゆけむり号として再デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more