テーマ:電車

東海道ブルトレ・その7 臨時あさかぜ

東海道ブルトレ・その7 臨時あさかぜ あさかぜ号も、一時期は臨時列車が設定されるほどの人気でした。 JR化後も、臨時あさかぜには20系が充当され、走るホテルの再現と言われたものです。 残念ながら、白帯三本線ではなく、二本に省略されてしまった後の姿ですが・・・・。 写真は特急の任を解かれ、急行運用に就く20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道ブルトレ・その6 あさかぜ

東海道ブルトレ・その6 あさかぜ 久々の記事ですが・・・・。8月28日から30日にかけて、横浜、函館開港150周年を記念してブルートレインが走ったので、この記事を取り上げてみます。 ちなみに、この150周年記念号は、EF81とEF65 501とのプッシュプルで関東を走行しました。私も、EF65がブルトレを牽引する姿を久しぶり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EF64-1001

EF64-1001 今では、茶色に塗装され旧型客車の牽引などでイベント列車に登場するEF64-1001ですが、登場時は他のEF64-1000番台と同様、通常の青色の塗装でした。 写真は寝台特急北陸を牽引する1001号機です。もちろん、ヘッドマークが復活(北陸号は復活とは言わないかな)する前のものです。 国鉄時代は、のん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

207系900番台車

207系900番台車 何かと、お騒がせの電車ですが。 現在、試運転中のE233系2000番台車が運行を開始すると、真っ先に引退すると言われていますが、果たして真偽の程は・・・?試作的な車両だったので、1編成しか製造されず孤独な車両でした。ただ、ファンにとっては、1編成しかないという希少性が、人気なのです。 沿線で撮影す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続いて153新快速が発売?

続いて153新快速が発売? 申し訳ないです。 またNゲージネタです。 小田急9000形と同時期に、マイクロエースより153系新快速色が発売されるようです。片方を高運転台、そして、もう片側を低運転台のクハとしてリリースするとのこと。 父に初めて大阪駅へ連れて行ってもらい、オリンパスペンで撮影したのが、上記の写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロエースで小田急9000形発売!

マイクロエースで小田急9000形発売! 発売は2011年1月予定。内容は、晩年のシングルアームパンタ6両編成及び先頭車を中間車化した8両編成の2種類です。 いわゆる小田急顔は5000形列と仰せの方も多いと思われますが、私は9000形の印象が強いです。千代田線に乗り入れる実車を見たときに、特徴ある前面形状とアイボリーホワイトの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東海道本線開業120周年HM付きE217系

東海道本線開業120周年HM付きE217系 定期500系のぞみとは、セットで撮影しているものがあります。 E217系及びE233系3000番台の共通運用の東海道線です。 本日は、E217系が充当されていました。 こちらも120周年のヘッドマークを取り付けています。 運用が決まっているので、こちらは撮り易いですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月12日の「のぞみ29号」はW1

8月12日の「のぞみ29号」はW1 本日8月12日の東京12:30発のぞみ29号は、500系W1編成が充当されています。 さて、120周年記念HM付き中央快速E233系を撮った後は、東海道新幹線ホームへ・・・。お盆休みということもあり、東京駅は何処も大混雑。真っ直ぐ歩くのにも苦労します。 もちろん新幹線ホームも大混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポケモン新幹線09

ポケモン新幹線09 昨年に引き続き、今年もポケモン新幹線が運転されています。 ポケモン新幹線の走行範囲は、東北、山形、秋田新幹線、長野行き新幹線、上越新幹線の全区間となっています。ポケモン新幹線運行情報は、JR東のHPにて随時、更新されていますので、参考にして下さい。 私も昨日、HPを参考にして、東京駅まで軽く写真を撮りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎度お馴染み 矢向駅ND

毎度お馴染み 矢向駅ND このブログで毎回、取り上げているからという訳じゃないだろうけれど・・・・。 矢向駅NDの鉄道系のオマケのディスプレイには、恐れ入ります。 T氏から写メで頂きました。 先日、紹介した記事のfrom AQUAというJRが販売している天然水に、只今付いているペンギンフィギュアです。 今回は、暑中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武ライオンズクラッシック号

西武ライオンズクラッシック号 西武ライオンズ球場へのアクセスとして、西武鉄道は西武球場の開設以来、池袋や西武新宿から臨時列車を走らせています。 そして、副都心線が開業後、渋谷からメトロ副都心線、西武有楽町線、池袋線経由で、西武球場前まで直通運転列車を走らせています。 そして、8月5日に、その直通列車に充当されたのは、西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の8606F

今日の8606F 東急田園都市線には、8500系という系列の電車が走っています。 一般の人からすると「田園都市線の古い電車」というみたいですが、鉄道ファンからすると未だ未だ活躍してほしい電車でしょう。その8500系ですが、更新工事により、行先方向幕が三色LEDやフルカラーに変更され、拝障スカートも取り付けられ、原型顔を見られるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東海の鉄道博物館

JR東海の鉄道博物館 JR東海が建設する鉄道博物館に収蔵される鉄道車両が発表されました。 詳細はHPを見て頂くとして、やはり新幹線が命の会社、収蔵される車両も新幹線車両が多いですね。 現段階では、0系の先頭車、グリーン車、食堂車、ビュッフェ車、100系G編成の先頭車、二階建て車、300系J1量産先行車の先頭車、通常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Suicaペンギン・フィギュアその2

Suicaペンギン・フィギュアその2 NEWDAYSで品切れ中と、前回のブログで書きました。しかし、その後、地元駅のNDを見たところ、フィギュア付fromAQUAが大量に陳列されていました。どうやら、おまけの付かないAQUAがさばけていなかったようです。 無ければ無いで諦めますが、あるとついつい購入してしまうのが、コレクター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JRペンギンフィギュア

スイカJRペンギン・フィギュア 恒例のスイカペンギンフィギュア。 夏休みバージョンともいうべきものが、JRの水From AQUAに付いています。8種類あるそうですが、品切れ直前でしたので、今回は海水浴をゲットしてきました。 スイカ、カキ氷を食べるペンギン、虫取り、サーフィン、釣り、ウクレレをするペンギン等があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キハ181国鉄特急色

キハ181国鉄特急色 非電化区間のエースとして君臨したキハ181ですが、現在では特急はまかぜ号として運転されているのみとなっています。しかも、JR西の特急色という地味な色となっています・・・。 山陰本線保津峡の旧線を行くあさしお号。現在では、写真に見えている架線柱がある場所を走っています。保津川に沿っていくのではなく、風光明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名鉄さようなら7000系引退記念乗車券

名鉄さようなら7000系引退記念乗車券 名鉄という会社には、ほとんど縁がないのですが、このたび初の展望車両7000系の引退ということで、名鉄のインターネットショッピングモールにて、記念乗車券を購入してみました。 名鉄115周年記念も兼ねておりますので、裏面には115周年の図柄、表面には7000系の履歴が書かれています。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キハ181(佐久間レールパーク展示)

キハ181(佐久間レールパーク展示) キハ181といえば、古くは仙台~秋田を結んでいた、あおば、全盛期では四国の南風、しおかぜ、伯備線のやくもしか印象がありません。当時は、キハ82という特急型気動車もあり、こちらのほうが多くの列車に充当されていた感があります。更に時代を遡ると、しなの、つばさにも使われていたようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道線用E233系

東海道線用E233系 暑いですね~。 本日、午前中のお客様へのご訪問の帰り道、東京駅にて見かけました。 832M、そして折り返し821Mの運用に、東海道線用E233系が就いています。 以前の記事では、E233に替わり、E217が就いていましたが、本日はE233系3000番台が運用中です。 このE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キハ181

キハ181 高松駅で宇高連絡船の到着を待つ、南風号(手前)としおかぜ号(奥)です。 キハ181国鉄色は、この色です。 この色のキハ181-1が、佐久間レールパークにて展示中です。 ヘッドマーク交換、想像するだけでも楽しくなりますね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間レールパークで展示されているキハ181

佐久間レールパークで展示されているキハ181 8月29日、30日のイベントでヘッドマークの交換が予定されているキハ181ですが、佐久間レールパークにはキハ181-1というトップナンバー車がその展示車両となっています。 四国では、JR四国色ともいうべき色に一時期、塗装変更されていました。ちょうどキハ181-1を撮ることが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

119系とは

119系とは 飯田線に使用中の119系とは、この車両です。 するがシャトルとして塗装変更された119系です。車体の「SS(するがシャトルの頭文字)」が大胆です。飯田線では、現在、ホワイトをベースにオレンジとグリーンの帯をまいています。 117系のデビュー色と同時に登場する119系デビュー色は、こんな色だった↓と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

117系デビュー色復活

117系デビュー色復活 153系ブルーライナーの置き換え用として、颯爽とデビューした新快速用117系。その好評さに、関西圏に続き中京圏にも投入されました。現在でも活躍はしておりますが、やはり2ドアの弊害からか、ラッシュ時を避けた、かつローカル運用に就いています。塗装も中京圏では、ホワイトにオレンジの帯という信じられない塗装となって…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

八高線・多摩川鉄橋その3

八高線・多摩川鉄橋その3 八高線には、秩父セメント輸送の貨物列車も走っていました。 大抵の貨物列車は高崎機関区のDD51重連という何とも迫力のある編成でした。 夕暮れの多摩川鉄橋を渡る下りDD51重連。 こちらは上り列車。 最寄の小宮駅で、夕刻、上下の貨物列車が交換するダイヤが組まれていましたので、効率良く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八高線・多摩川鉄橋その2

八高線・多摩川鉄橋その2 リバーサルフィルムとカメラの相性もあるのでしょうが、富士フィルムのベルビアを使ったときの写真です。 夜の帳が下りた多摩川鉄橋を渡るキハ35です。 鉄橋の下半分をオレンジ、そして上半分を濃いブルー、そしてその間をキハが通過するという撮影意図が表現できたと思います。自己満足ですが・・・。 当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

113系湘南色復活

113系湘南色復活 今年は千葉が熱いのでしょうか。先日、久留里線にキハ30国鉄色が復活したと書きましたが、113系天下の千葉に、113系湘南色も登場しています。 113系湘南色は、平成18年まで東海道本線の東京口で活躍していたお馴染みの色です。オレンジと緑の電車と言えば解って頂けると思います。この湘南色、東京口からの113系…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八高線・多摩川鉄橋

八高線・多摩川鉄橋 前回は、順光側からの写真でした。今回は、夕焼けをバックにしての写真です。 順光である鉄橋の西側は、広い川原が広がっていますが、逆光側の東側は、岩がごつごつしている箇所が多く、歩くのには苦労するのですが、変化ある風景が視界に広がっています。水量が多めの時、少なめの時、又、四季により、太陽の沈む位置が異な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キハ35 八高線

キハ35 八高線 かつて、八高線でも全線に渡って、キハ30、35、38が運用についていました。 八高線のお気に入りポイントである、多摩川鉄橋にて撮影をしています。 小宮~拝島間にあるこの鉄橋、多摩川の土手から撮影するのも良し、川原に下りて撮影するも良し。順光、逆光も良し。写真一枚一枚、四季折々、様々な撮ることが出来る素晴ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久留里線キハ30国鉄色復活記念その2

久留里線キハ30国鉄色復活記念その2 久留里線には、国鉄色となったキハ30と共に、キハ38という気道車も在籍しています。 写真左の白い車体の気動車がキハ38です。 話は逸れますが、八高線もタブレットを使用しており、上り、下り両列車で、タブレット交換、そして貨物列車等の通過時には、タブレットキャッチャーが使用されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久留里線キハ30国鉄色復活記念

久留里線キハ30国鉄色復活記念 国鉄末期からJR化される期間には、様々なご当地色ともいうべき車体カラーが登場しました。現在、カラフルな色となっている久留里線もそうですが、今回は相模線を走っていたキハ30、35を紹介します。 これまで、朱一色だったキハが、クリーム色をベースとし、青いラインが入った軽快な車体色となりました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more