この頃の山手線ラッピング車

この頃の山手線ラッピング車

E235系が気づいたら7編成も完成していて、毎日、山手線で通勤している身には見かける頻度も高くなってきました。まだ、E235の車体ラッピング車は登場していませんが将来的にはラッピングがなされるときがあるのでしょうか。

さて、このところ山手線ラッピング車はあまり見かけませんが、走っていることは走っています。
しかも東京ではなく大阪の広告です。

画像

百舌鳥、古市古墳群を世界遺産に!という広告です。
歴史の時間を思い出してくださいね。百舌鳥といえば阪和線じゃないですよ。
私が勉強していた頃は仁徳天皇陵(大仙稜)と言っていましたが、現在では大仙稜が学説的には通称になっている前方後円墳をはじめ数々の古墳が存在しているところです。

まあ、仁徳天皇陵と呼んだ方がより大きくスケールを感じますし、重さを感じます。

古墳の形を前面に出して、あえてお笑いタレントを用いなくとも良かったのではとは思いますが・・・。


常磐線のE531系も、いわきのラッピングがされています。
画像

ハワイアンズにでも行きたくなってきました。


で最後にお馴染み3086レに面白いコンテナが連結されていました。
画像

右の白いコンテナなのですが、鮮魚でも入っているのでしょうか。
今日の3086レにはその他にもあまり見かけないようなコンテナが搭載されていました。
中京地区へロクヨンがお届けします!!
今日の3086金太は57号機でした。

"この頃の山手線ラッピング車" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント