さようなら東武本線快速・区間快速そして浅草口の6050系

さようなら東武本線快速・区間快速そして浅草口の6050系

画像


いよいよ本日をもって東武浅草口から6050系が消え、そして快速、区間快速という種別も消滅します。

画像


1985年の6050系の登場以来、特別料金の要らない長距離列車として6050系が快速、区間快速列車として充当されてきました。6両編成のうち、浅草寄り2両が東武日光行き、そして前寄り4両が東武鬼怒川線の新藤原そして、野岩鉄道、会津鉄道に乗り入れ会津田島まで進みます。

車内はクロスシートが並び、かつ、背もたれこそ2人用ですが、クッションは一人一人が独立したものとなっています。隣の人に不快感を与えないようなものとなっています。座席には折畳のテーブルがあります。また、車内灯も蛍光灯カバーが設けられやさしい灯りが車内を照らします。

画像


各車両の連結部分扉上には誤乗防止のため行き先表示器が取り付けられています。


今では訪日観光客には人気の列車のようでして、2両編成の東武日光行きは大きなスーツケースやリュックを背負った旅行客で浅草から満席となる場合もあります。確かに特別料金なしで日光まで乗り換えなしに行くことが出来るのは大きな魅力です。JRもそうですが、安易な特急化は収益にはプラスですが、果たして旅客推移にはどのように作用されるのでしょうか。

東武8000系の更新車の前面デザインにも影響を与えた6050系
浅草駅でも手製のポスターが貼り出されるなど東武鉄道の歴史に残った車両でした。

画像

急カーブの東武浅草駅にある快速、区間快速の乗車位置目標も取り外されるのでしょうか・・・・。


画像


混まないうちに先々週にお別れ乗車を北千住まで!!してきました。
スカイツリー駅に停車後、北千住まではノンストップです。

北千住からの停車駅は↓
画像

"さようなら東武本線快速・区間快速そして浅草口の6050系" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント