485系R28編成廃車。新潟から長野へ

485系R28編成廃車。新潟から長野へ

先月の団体列車「さよなら485系R編成」に使用された新潟の485系R28編成ですが、3月のR26編成に続き廃車のため新潟から長野まで、昨日回送されていきました。

ルートはいつも通りの信越、上越、高崎、武蔵野、中央、篠ノ井線経由です。
前回のR26編成の時は、新秋津で停車中のクハを撮影しましたが、今回は桜とからめてみようということで中央線沿線に出没することにしました。とはいっても、R28編成もじっくりと撮ってみたいので、まずは新秋津でクハやモハの細部を中心に撮影し、立川辺りで桜とからめてみようと考えました。

画像


まずはおなじみの新秋津停車のシーンから。
車体や運転席周りに表記されている所属、車両番号などの表記を写していきました。
あっという間に時間が経ち、R28編成が発車する時刻前の武蔵野線に乗り、立川へ先回りします。
国立先回り組も多数。

初めて行く場所なので時間が読めず、TAXIを使い残堀川へ。
一度、訪れてみたい場所でした。菜の花と桜の春らしいコントラストの中、鉄橋を渡ってゆく中央線・・・・。そんな写真をインターネットでかつて見かけたのです。


あいにく桜は満開ではなく五分咲きといったところでしたが、中央線に一番近い桜の樹は八分咲きぐらいで、これなら去りゆく485系と役者がそろいます。半逆光の場所でしたので人は集まらず・・・・。ただ静かに485系と最後のお別れが出来たと思います。

R28編成のクハ481-3350は、もとはクハ481-350で東北地方を駆け抜けていた車両です。
国鉄特急色の原形車ではないけれど、最後にかつて東北に所属した485系を見送ることが出来て非常に良かったです。485系にも本当の終着駅が近づいてきました。
これで私にとって一番好きな車両がなくなってしまいましたが、485系との思い出は尽きません。

ありがとう485系!

"485系R28編成廃車。新潟から長野へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント