都営新宿線10-300R引退

都営新宿線10-300R引退

東京都交通局のツイッターでも発信されたように、本日14日をもって、都営新宿線10-300Rが引退となります。
思えば、都営新宿線が東大島まで開業した時に乗車して以来の都営新宿線の撮影となりました(*^。^*)
昨日、お客様ご訪問の帰りに笹塚で撮影してきましたが、いわゆる葬式鉄になっちゃいました笑。

当時は10-000形のみでしたが、その後の増備で10-300形が登場しています。
この10-300形は登場年度により、前面形状が異なり現在は3種類のマスクを見ることができます。

本日をもって引退するのは10-300Rという編成で、その特徴といえば、先頭車両と中間車の製造年が異なるためセミステンレス車体側面のビートがある中間車と全く無い先頭車が挙げられます。鉄道ファン的には、その差異がたまらないのですね。

画像

今回、引退にあたり、各車両にFINAL RUNというステッカーが貼られています。
今日の運用予定は橋本1728発→本八幡1908着で終了です。
混むかな・・・。時間があったら見に行ってみます。



"都営新宿線10-300R引退" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント