さようなら東サロ(ゆとり)

さようなら東サロ(ゆとり)

国鉄末期、現在のジョイフルトレインの源流となった、14系座席車を改造して誕生したサロンエクスプレス東京の端車スロフ14が本日、廃車回送されています。どうやら両端のスロフ14が2両で長野行きのようです。

欧風客車としてデビューしたサロンエクスプレス東京(東サロ)ですが、のちにお座敷列車「ゆとり」として装いを新たに再デビューを果たしています。ただ、外観や塗装は変化はないので、遠目に見ると東サロ時代そのもので活躍をしていました。

画像

東サロにはEF5861がよく似合いました。
私が撮影に行くと不思議にロクイチ牽引が多かったような印象です。

画像

誕生間もないリゾート21との並びです。

画像

中間車が先に廃車となり、展望車付車両のみが残されていました。
尾久車両センターでは、寝台特急用の食堂車やオロネと共に保管されていたようですが、本日、長野へ回送されていきました。

中央本線沿線の方、山は寒いので風邪などひかぬよう・・・・。
篠ノ井19:47、長野20:01に到着ですね。
長野方面の方、仕事で行けない私にレポートをお願い致します!!


"さようなら東サロ(ゆとり)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント