西武2000系の呪い?

西武2000系の呪い?

まあ、自分が時刻を間違えただけなんですが・・・・。題名で猛暑も涼しくなるでしょうか。ならないか。

西武鉄道2000系は古くは新宿線系統で使用されていた4ドア車でした。
最近では、新2000系なるものが、池袋線にも使用され、ラッシュ時の乗降時間短縮に役立っています。
この2000系も幕車はわずか、2000系自体もスマイルトレインなどの登場により、数を減らしているはずです。ということで、本日は2000系を撮影してみようと、沿線へ出かけてきました。

まずは、桜並木をバックに撮影できる武蔵関~東伏見まで行ってみることにしました。
最寄駅から鷺ノ宮駅までは、バスで約10分、そこからは西武新宿線で武蔵関へ向かいます。武蔵関へ向かう途中、車窓を眺めていると、早速、2000系幕車とすれ違いました。

上石神井辺りですれ違ったので、折り返しで30分もしないうちに撮れるでしょ、と撮影場所にさっさと移動。
午前中だったのですが、暑くて暑くてたまりません。

暑さに耐えること約20数分、お目当ての2000系幕車がやってきました!
カメラのファインダーに集中し、ここだというところでシャッターを切ります。ん・・・・?
シャッターが切れない!どういうことだ!

・・・・・。カメラの電源が入っていませんでした・・・・。がっくし。

ただ、これ一本ではないので、再度の下りで挑戦と、武蔵関駅の売店で西武時刻表を購入し、時刻を調べます。
と、時刻を見ると、一度家に戻って昼食を食べてからでも間に合うなと、「その時は」判断しました。

計画通り自宅に戻り、再びバスで出発!そして、結果はご想像通り。鷺ノ宮駅で下り急行列車が発車していくのを見送りましたが、その列車が2000系幕車だったのでした。しょんぼり・・・・。


二度あることは三度ある、いや、三度目の正直だ!ということで、所沢まで2000系幕車を迎えに行ってしまいました。これで、確実です。

途中、小平では拝島線のピストン輸送に使われている2000系幕車や、所沢では国分寺線の2000系幕車を目撃しました。
画像

ここでも撮れるのね・・・・。

いや、でもターゲットは新宿線系統の10両編成の2000系だ!ということで、所沢で本川越から上ってきた当該列車に乗り込み、再び武蔵関の撮影地へと向かいました。

撮影地へ到着後、カメラの電源は常にオンにしておき、モータードライブをHに設定します。
やっとやっと、時刻通り、2000系幕車が来てくれました!
カシャ、カシャ、カシャとモードラでシャッターを切る音が青空の下、響きます。
ストレスがたまるとモードラで連写をして、爽快感を味わうという気持ちが解ったような気がしました。

武蔵関からのバスの中では、充実感がありました。
やっと、撮った一枚。現像するのが楽しみです。



"西武2000系の呪い?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント