東武東上線8000系

東武東上線8000系

今日は、会社もお盆休みということで、午前中からぶらりと撮影に出かけていました。
JRの臨時特急も運転は少なく、普段撮れない路線でも行きましょうかということで、最寄駅からバスに乗り、まずは西武池袋線石神井公園駅へ。

西武池袋線は、年に一回は撮影しに行っているのですが、今回もその一環です。

さて、石神井公園駅までは、バスで20分ほど。すごく近かったです。杉並と練馬はお隣の区なのですが、鉄道を利用するとなると一度、山手線のターミナルまで出ないといけません。その点、バスはダイレクトにJR中央線と西武新宿線、池袋線を結んでいるので、かなり使えるものとなっています。

画像

ご存知の通り、西武池袋線は東京メトロ有楽町線、副都心線、東急東横線、みなとみらい線と直通運転を行っており、そのため、ここ石神井公園駅にも様々な会社の列車がやってきます。
今日は、東急の「伊豆のなつ」号が乗り入れていました。東急と西武の並びも、未だ私には目新しいですね。

相変わらず、999号やライオンズ号はやってきませんでしたが、レッドアロークラッシックや3000系を撮影することができたので、満足です。


私の中では、ここまで来たらセットで撮影するぞというものがあります。東武東上線の8000系も残り2編成となったし、今のうちに撮影しておこうと、東上線まで足を伸ばしました。当初は小竹向原、和光市経由で柳瀬川まで行く予定だったのですが、志木で留置線に留置されている8000系を発見。

残り1編成を撮影するために、炎天下の下いることもなかろうと、志木駅に留置されている8000系をつぶさに見てきました。

画像

10両編成の8000系でしたが、川越市寄り2両は幕車でした。
しかも・・・・

画像

東武鉄道の旧社紋が残っています。

画像

こちらが、新しい東武のコーポレートマークです。
二つの社紋が取り付けられているのも珍しいのではないでしょうか。

とはいえ、東上線の8000系も残り2編成。
こちらも時代の流れなのでしょうか。



"東武東上線8000系" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント