春の九州に誘われて その50

春の九州に誘われて その50


特急ハウステンボス(以下HTB)&みどり号です。

画像

久しく、特急みどり号は、特急かもめ号と博多~肥前山口間を併結運転されていました。
その後、HTB開業後、特急HTBが登場、かもめ、みどり、HTB号といった3列車が併結されることになりました。885系の白いかもめが登場後は、かもめ号の一部は独立して、かもめ号のみで運転されていますが、未だ、かもめ、みどり、HTBの3列車併結も残存しています。

これらの列車は、783系という車種で運転されていますが、かもめ、みどり、HTBそれぞれの783系の塗装に変化を持たせています。かもめ号は、銀色をベースに、みどり号は緑色をベース、そしてHTBは赤、黄、緑色のカラフルなものとなっています。

写真の列車は、前がHTB編成、そして後にはみどり編成で構成されています。
一見奇抜に見えるこの塗装ですが、目の当たりにすると、案外好きになってしまいます。

"春の九州に誘われて その50" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント