春の九州に誘われて その34

春の九州に誘われて その34

さて、翌4月3日、ホテルで朝食をとり、またまた博多駅へ駅撮りに向かいます。


画像

今朝の一発目は、にちりんシーガイア号の宮崎空港行きです。

先日の記事で、783系にちりん号が博多駅に顔を見せるのは、1日2往復だと書きました。
1往復は、先日の記事のドリームにちりん号、そして、もう1往復が、このにちりんシーガイアです。

シーガイアとは、宮崎にあるフェニックスシーガイアリゾートのことを指します。
にちりんシーガイア号の終着駅である宮崎空港駅から、リゾートまで連絡バスがあるようですね。

フェニックスシーガイアリゾートは、フェニックスカントリーゴルフ場、ホテル、スパその他の総合娯楽施設を備えたリゾート施設です。会社更生法の適用があり、現在では外資が算入しています。
開業当時は、全天候型プールが、全国でニュースになりましたが、入場者数が激減したために、今では、ここだけ閉鎖されているとのことです。

博多から宮崎は、実際かなり距離があり、由布院経由か小倉経由が現実的でしょうか。それとも、高速バスの割合が高いのでしょうか。にちりんシーガイア号は、小倉経由でリゾート地、宮崎まで乗客を運びます。

ただ、以前は、787系つばめ型車両が投入されており、ビュッフェも営業し、リゾート気分が味わえたのですが、今では783系で車内販売がないという寂しさです。九州新幹線全通後は、787系を、にちりんシーガイア号に転用し、是非とも、列車の旅の楽しさを復活させて欲しいものです。


画像

783系にちりんシーガイア。長時間乗車は、ちとキツイか。

"春の九州に誘われて その34" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント