湖西線&阪急6300系の撮影旅 その11

湖西線&阪急6300系の撮影旅 その11

さて、お待たせ?しました。
湖西線&阪急6300系撮影の旅も、11話まで来ました。

淀屋橋にて、京阪8000系の副票を撮影後、またまた御堂筋線で梅田へ戻ります。そして、その足で阪急梅田駅へ。阪急梅田駅は、現在、阪急デパート改装工事のため、各路線との連絡が、複雑な経路となってなっていますので、ご注意下さい・・・・と。私は、案の定、迷ってしまいました・・・。


画像

迷いましたが、なんとか、阪急梅田駅に到着し、1号線のホームへ向かいます。


そして、まずは停車中の7300系特急を撮影します。
画像

手前が7300系です。


阪急京都線の特急といえば、かつては必ずや6300系がやってきたものです。
京都、河原町を出ると、京都・大宮に停車、大宮を出ると大阪・十三、そして終着駅梅田という停車駅でした。国鉄の新快速、そして、川の向こう側を行く京阪特急をも視野に入れた高速運転をしていたのです。長岡京市に住んでいた幼少の頃、山崎辺りの新幹線、京阪電車、東海道本線、阪急電車が収束する場所に、両親に散歩に連れていってもらい、飽きることなく電車を見ていたそうです。


そんなことから、茶色でもないマルーン色の阪急電車にも、思い入れがあります。
さほど機会はないのですが、それでも大阪、京都に行く度に、阪急電車の撮影をしていました。そして、今回、長らくの間、阪急京都線に君臨してきた6300系が間もなく引退するということで、僅かな時間ですが、6300系に出会いたかったのです。


土休日は、極端に6300系の運用が少なくなってしまうことも聞いていました。また、決まった運用に入っていることも、ある程度、予測出来ていましたので、ピンポイントで梅田駅を訪れたわけです。

そして、7300系の特急河原町行きが発車。
画像

阪急梅田駅は、京都線の他に、宝塚線、神戸線の発着がありますので、運がよければ(というか、1時間居れば)、3線同時発車のシーンを目の当たりにすることが出来ます。


発車した特急の後、やってきたのが、6300系です。
画像



画像

「特急」、「河原町」の表示を見られるのもあと僅か。


画像

屋根部の白いラインや、運転台下ライト部の銀帯が、特急専用車というアピールに見えます。


この6300系は、編成を短縮されて、京都線の桂駅と嵐山駅を結ぶ阪急嵐山線に、順次投入されています。よって、6300系自体が消滅するのは、未だ先のこととなりますが、特急車として京都本線を快走する姿は、来年の春まででしょうか。その姿を、是非もう一度、見に行きたいと思っています。

"湖西線&阪急6300系の撮影旅 その11" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント