京成ファイアーオレンジは、この色(ですよね?)

京成ファイアーオレンジは、この色(ですよね?)

創立100周年ということで、京成電鉄は、通勤電車の一部に過去の塗装を施しています。
現在まで、通称、青電、赤電塗装が施されていますが、9月中旬には、第三弾としてファイアーオレンジ塗装がなされた電車が登場します。

この京成電鉄、私には全く縁がないため、撮影の機会がほぼありません。
唯一、スカイライナー初代AE車が、さよなら運転を行うというので、それを撮影に行ったのみです。この初代AE車は、成田空港開業にあたり、空港アクセス列車スカイライナーとして製造された車両です。以前は、クリーム地に茶色の帯を巻いたものでしたが、後に塗装変更されています。

この旧塗装の時代にも、私は撮影したことがないのですが、成田空港開業を反対する人達により、スカイライナー数編成が焼け焦げになったというニュース映像を鮮明に覚えています。当時は、幼かったので、焼けた原因が、何がなんだかさっぱり解らなかったのですが・・・・。

そんな悲しい過去を持つ初代AE車のさよなら運転を、さてどこで撮るかと地図をながめていたら、「京成上野駅から出発して、トンネルを出るところを撮れるかな」と判断し、目的地へ。場所は日暮里駅の近くです。京成上野を出た列車は、日暮里駅手前でトンネルを抜け、JR東北本線を高架で跨ぎ、急カーブで日暮里駅へと入線します。


その撮影地で、初代AE車を待っている時にやってきたので、この車両でした。
画像


画像

ファイアーオレンジ塗装の普通電車です。
トンネル左側には、「博動停車確認」との看板が見られます。当時は未だ博物館動物園前駅があった頃でした。


画像

トンネルを出ると、東北本線を跨ぎます。
東北本線では、上野駅への北斗星1号の回送が通過中です。

"京成ファイアーオレンジは、この色(ですよね?)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント