さようなら国鉄昼行特急型車両485系 臨時特急つがる編

さようなら国鉄昼行特急型車両485系 臨時特急つがる編

私のブログの過去記事を読んで頂いた方はご存知かもしれません。
過去記事ではボンネットクハ、200番台、300番台車と様々なクハをご紹介しています。テーマ「485系、583系、457系」からお進みください。

昨日、485系3000番台車が廃車回送(配給)されたことにより、カヌ色485系は消滅、国鉄特急色はすでに証明つしているので、485系の残党は青森の485系3000番台と485系列のジョイフルトレインのみとなっています。
全て改造車なので消え去るのも時間の問題でしょう。

さて、東北特急として長編成で活躍していた485系ですが、晩年、東北特急として国鉄特急色で輝いた時期もありました。東北新幹線八戸開業時に、特急つがるの臨時列車として、国鉄特急色485系が充当されたときです。

画像

ちゃんとした絵幕です。
かつての特急列車にはない背景が濃紺という珍しいデザインです。


画像

一時期、急行津軽にも充当されたことがありますが、その時は行き先方向幕は表示されたのでしょうか。
全盛期を思い出させる幕です。


画像

シンプルな窓周りです・・・・。


画像

車内の配色は現在の列車に比べて非常にシンプルかつ地味です。


画像

6両編成でしたが、往年の走りを見せてくれました。
この編成には、白鳥、鳥海、つばさ、はつかり、かもしか、あいづの愛称幕が入っています。
ほぼ使われないものばかりでしたが、これらの列車の組み合わせも面白いです。多くの共通点は青森、秋田ですね・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック