さらば485系3000番台・・・ありし日のMLえちご、フェアウェイ

さらば485系3000番台

昨日、新潟から長野まで信越本線、上越線、武蔵野線、中央本線、篠ノ井線経由で新潟の485系3000番台車が廃車回送されていきました。

485系3000番台車は当初、青函連絡のスーパーはつかり用に485系を改造したものでしたが、北越急行線開業後、関東と北陸を結ぶ特急はくたか号に充当されるために新潟にも登場し配置されました。前面のみならず塗装も変更されたため、オリジナルの485系とは全くの別形式といっても良いほどのリニューアルでした。

ただ、青森、新潟の3000番台車とも塗装の色合いが非常に合っていて、改造車としては個人的には好きな車両でした。

画像


高い運転台が485系の面影を残しています。
配色が国鉄特急色でも面白かったかもしれません。

画像

EF641000番台に牽引されて長野へと回送される485系3000番台車です。新秋津にて停車中です。
さわやかな色使いで私は好きです。
はくたか、雷鳥として運用され、6両に短縮後は北越、いなほ、ムーンライトえちご、レアとしてはフェアウェイにも充当されてきました。


画像

函館駅に停車中の485系3000番台青森車です。
こちらは前面に485系をアピールしています。
青函連絡特急は、その名前をはつかりから白鳥へと改め晩年を過ごしています。


昨年6月で国鉄特急色485系が消滅し、そして3000番台車も新潟車は今週末のさよなら運転を残すのみとなりました。JR化を見越してのダイヤ改正で新潟には485系が配置されたので、私の印象としては新潟の485系は新しい部類に入ると思っていたのですが、JRも30周年。東北特急として活躍しているよりも長いのかもしれません。
いや、485系はやはり東北特急でしょう!

昨日は485系国鉄特急色が消えるときほどは感傷に浸りませんでしたが、やはり好きな車両が消えるのはさびしいものです。


画像

3000番台がムーンライトえちごに充当されたときの写真です。

画像

側面の行先表示はこのように表示されます。



画像

首都圏運用ではムーンライトえちごの間合いで、快速フェアウェイが運転されていました。
通常は485系国鉄特急色でしたが、まれに3000番台車、もしくは上沼垂色のT18編成が充当されたこともありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック