EF200-901が輸送されました。

EF200-901が輸送されました。

去る10月15日から16日にかけて、Ef200-901号機が新鶴見機関区から日立まで輸送されました。
あいにく、貨物列車を牽引するパワフルな姿を一度も見ることはできませんでした。ただEF200-901の誕生した時に新鶴見機関区でEF500-901とお披露目されたことがあり、それは撮影していたので、今回はそれを。

画像

今とは塗装が変更されており、当時はJRFではなく、上のようなロゴが描かれていました。


画像

EF200は901登場後、量産されましたが、お隣のEF500は量産されず。EF510へとその技術は引き継がれたのでしょうか。EH500という機関車も存在しますが・・・・。


画像

901号機勢揃いしています。電気機関車は運用が複雑、かつ広範囲に渡っているため、撮影するのがなかなか難しいですね。撮影出来て1回きりなんて多々あります。EF66-901もそうでした。


さて、15日当日は新鶴見を12時に出発していきましたが、牽引機がDEということで珍しいものが撮れました。
画像

出発線に行く前、留置されている200-901です。

画像

区名札差しには、吹田の札が入っています。
登場時にはずいぶん大きな機関車だなとの印象をもったのですが、EH500やEH200がその後登場したので、今では普通の大きさでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック