485系一族は数年で引退でしょうか。

485系一族は数年で引退でしょうか。

平成28年6月18、19日の両日のラストランをもって、引退することとなった仙台の国鉄特急色485系ですが、この仙台車の引退により、オリジナルにきわめて近い485系は姿を消すことになります。残るはオリジナルの姿をとどめない3000番台車や死語になりつつあるジョイフルトレイン化した485系の仲間たちです。
なのはな、ゆう、やまどり、ジパング、宴、華、きらきらうえつといった車両があります。
3000番台車は、日本海側での快速列車に充当されています。
車両によっては「快速」表示もできないクハもあるそうで・・・・・。
本ブログでは過去の記事に485系列を多々記載しておりますので、お時間がありましたら是非ご覧になってくださいね。

画像



ジョイフルトレイン化したとはいえ、機器は485系のままのものがありますから、当然、老朽化がおとずれます。
この8月には千葉の「ニューなのはな」が引退することが発表されました。このニューなのはな、幸い、今の時期、集約臨で千葉から中央本線方面への団体列車に充当されており、目にする機会も多いのではないでしょうか。中央線のダイヤはあらかじめ臨時列車のダイヤが盛り込まれており、運転日さえ判ればあとはいくつかのダイヤを目安に、撮影をすることができます。

先週にかけて運良く引退間際の仙台車とニューなのはなを撮影することができました。

まずは先週、首都圏を駆け抜けたY157での485系仙台車です。
色々な路線を走行したので、風景とからめて撮影をしたかったのですが、土日は家族サービスの日ということで、少々時間をもらい仙台からの回送列車を手軽に武蔵野線で撮影してきました。

画像

武蔵野線は中線退避があることから、何カットか撮影することが可能でした。
そんなわけで、485系が通過した後の武蔵野線は、あたかもSL撮影後の回収列車のような雰囲気。
一眼レフと、三脚若しくは脚立を持っている鉄さん多数でした。
うーん、わかりやすい・・・・。

今回はY157の愛称ステッカーが撮影できれば良いので、さらっと撮影しました。
ただこの仙台車、1000番台車だけあって運転室後ろの後方確認窓が残っているんですね。
画像

新潟のT18なんかは埋められていました。

18日のひばり号には運良く乗車できるので、リニューアルされてはいますが、485特急車最後の走りを堪能してきます!


さてお次は485系改造車ニューなのはなです。
「引退」の文字が飛び込んでこないと中間車なんて撮影しません・・・・。
これは改めないといけないですね。

画像

中央線のE257系と並ぶニューなのはな。


画像

パンタグラフ周りをみると種車が485系というのがなんとなく判る・・・・・。

昨年秋に、お座敷甲州ぶどう狩り号として甲府まで運転された際に、往復、乗車したのが最初で最後!!でした。今夏はおひざ元の房総方面でその活躍を終えることになっています。

画像

代替車の話も出てきていないですし、お座敷列車自体が時代にそぐわないものとなっているのでしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック