平成27年シルバーウィークの旅 お座敷山梨ぶどう狩り号

平成27年シルバーウィークの旅 お座敷山梨ぶどう狩り号

今年は五連休となるシルバーウィーク、事前からあまり計画的には考えていなかったのですが、米軍横田基地の友好祭、ホテル三日月竜宮城スパ、としまえん、そして甲府ほうとう&子供の森の旅と体を休めたのは初日だけという割とハードな五連休となりました。

その中でも評判だったのが、お座敷山梨ぶどう狩り号の旅でした。
それこそ二日前、ホテル三日月竜宮城に行った帰り、新宿駅で「お座敷山梨ぶどう狩り号 千葉行き」の表示を奥さんが見かけたことから始まりました。これはどんな列車なのだ?から始まり、千葉のお座敷列車なのはな号が使用され、どこまで行くのかまでを説明すると、たちまち「最終日に行こう」という流れになりました。

地元駅でマルスをたたいてもらうと、最終日なのか座席に余裕があります。
ということで贅沢にも往復、お座敷列車の旅が実現したのでした。

画像

さて当日(本日23日)、あらかじめ飲料やおつまみ、お菓子を買いこんで乗り込みます。
専用の行先表示も用意されているということは、毎年運転され乗車率は高そうな列車です。

ただ「お座敷」なので、車内デッキ以外は土足厳禁です。
このため、乗降に時間がかかります。特に下車時でしょうか。車内中央からデッキへいき靴を履いて降りるという動作、お酒が入っているとなかなか時間がかかります。車内アナウンスもこれを見越して早めにしてもらえますが、乗客側も注意が必要です。


画像

千葉支社の485系のお座敷列車なのはな号を使用しています。
このため、千葉が始発となっています。
このなのはな号、現在は2代目が運用についています。千葉県らしい南国のイメージの配色ですね。
もちろん、この車両の名称通り、なのはな色も施されています。


画像

行きは八王子までガラガラでした。
新宿発車後、うちの子供は車内を端から端まで走り回っていました。
車掌さんにうかがうと、「今日は連休最終日ということもあり、下りは空いている。八王子を過ぎたら、次の停車駅は勝沼なのでその間は誰も乗ってこないので自由に遊んでください。」とのお言葉を・・・・。結局は願いはかなわなかったのですが・・・・・。

それでも、掘りごたつ式で大きなテーブルを家族で独占できるので、子供は終始ご満悦でした。特急列車や新幹線でも3人席を確保したとしても必ず飽きてくるのですが、折り紙やカードゲームもできるので全く機嫌が悪くならずに終点甲府まで過ごすことが出来ました。帰りもお座敷の効果は抜群です。子供が眠くなったら畳にゴロンとできるので。


ぶどう狩りシーズンということもあって、お客さんは勝沼ぶどう郷、塩山で下車する人が多かったです。
帰りは塩山、勝沼からぶどうの箱を持って乗車してくる人が多かったです。その後はワインや缶ビールで宴会というパターンです。

昨日はシルバーウィークの最終日ということで、中央東線上り特急列車の指定席は軒並み満席、自由席も立ち客多数という状況でした。そのため、このお座敷山梨ぶどう狩り号に一人で乗車されていらっしゃる方が多々見受けられました。グループの中にぽつんと一人指定された席に座られていたのですが、窮屈そうでしたね。
グループの方は多少の節度ある飲み方をした方が良いと思いました。


停車駅ではお座敷列車の中を覗き込む人がたくさんいて恥ずかしかったですが、このような列車を知っているというちょっとした優越感もあるといえばありますね。なのはな号の色は目立ちますからね。

ともあれ、家族の評判がすこぶる良かったので、運転の設定があれば来年以降もぜひ利用したいと考えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック