中央線快速電車に2階建てグリーン車が増備

中央線快速電車に2階建てグリーン車が増備

びっくりな話題が飛び込んできましたね。
現在E233系が使用されている中央快速線ですが、2020年度を開始時期とし、各編成にグリーン車が2両連結されることになりました。連結されるのは他方面ではおなじみの2階建てグリーン車です。東海道線や湘南新宿ライン、総武快速線で使用されている「あの」2階建てです。

中央線の快速は、東海道や総武快速、東北線とは駅間も短くこまめに停車していくので、グリーン車サービスは果たして受け入れられるのかと思いますが、東京西部への着席に対する需要が多しと判断したのでしょう。確かに東京から立川あたりなら中央ライナーの利用率を見るとグリーン車の需要もありそうです。
グリーン料金をライナー以下に抑えるといったことをしてほしいですね。また、グリーン車にはアテンダントのサービスがありますが、こちらは省略されるかもしれませんね。

更に東京駅での短い時間の折り返しで車内清掃が行えるのかという問題もありますが、御茶ノ水辺りから清掃員が乗り込んで折り返しに備えるのかもしれません。


運用区間は東京~大月、青梅となっています。
分割されるH編成、固定編成のT編成共にグリーン車が組み込まれ、12両編成となります。12両編成となるため、各駅ではホーム長の延長がなされるとのことです。現在、H編成を用いて高麗川、武蔵五日市行という行先が設定されていますが、武蔵五日市行はどうなるのでしょうか?プレスリリースにはそこまでは言及されていません。

駅も含め今後5年で変化が生じていきますが、この工事の光景も記録していけたらなと思いました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック