黒磯訓練運転にEF8181号機!!

黒磯訓練運転にEF8181号機!!

不定期で行われている上野~黒磯間での乗務員訓練運転ですが、担当する電気機関車には、EF65、EF510そしてEF81となっています。これは田端に所属する電気機関車が上記3機関車ということなのですが、それぞれの電気機関車のバリエーションが豊富なので、鉄道ファンの注目の的となっています。

電気機関車は上記となりますが、牽引される客車は尾久に所属する24系寝台車5両ほどとなっています。北斗星ほど長い編成ではありませんが、今では珍しくなったブルーの車体の客車を牽引する姿はブルトレ最盛期を知る者としては、非常に魅力があります。

さて、そんな黒磯訓練ですが、昨日はEF8181号機が担当しました。
知る人ぞ知る81号機ですが、ここで簡単にご説明を。
昭和の時代、天皇陛下がご乗車されるお召し列車にはご存じEF5861号機が担当していました。ただ、地方行幸などの交流区間では、58は無理なので異なる機関車がその都度抜擢されていました。この81号機は、つくば万博に昭和天皇がいらっしゃる際のお召し列車に使用された電気機関車です。

当時、EF81はローズピンク色を纏っていましたが、この81号機はお召し運行に際して、車体に銀帯を巻かれ、手すりなどの細部には銀の塗装がなされました。まさしくピカピカの状態で運行されたわけです。お召し列車運行後も暫くはその姿で、通常運用に入り、JR化後には北斗星の牽引も幾度となくしました。

しかし、北斗星を牽引するEF81にいわゆる流れ星塗装が採用されると、81号機も漏れずに赤い車体に銀の流れ星を纏った塗装に変更されてしまいました。それでも、手すりなどの細部には銀色の塗装が差され「特別」さを主張していました。

そして、月日が経ち・・・・・。
昨年度末に「なぜか?」ローズピンクのお召し塗装に突如戻されたのです!!
おそらくは引退が近く、イベントに充当される可能性が高いのではないかと思うのですが、あくまでも推測です。

とはいえ、復活したローズピンクのお召し塗装、賛否両論あるとは思いますが、昨日、お客様のご訪問帰りに撮ってきましたのでご覧ください。

画像



画像

車体側面の銀帯


画像

細かいところにも銀色が差されています。

わずかな時間でしたが、満たされました・・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック