東京駅開業100周年記念 特急富士号運転!

東京駅開業100周年記念 特急富士号運転!

先週の金曜日のお話です。
東京~伊東間に特急富士号が走りましたね。TVやインターネットのニュースでも取り上げられていたので、ご存じの方も多いと思います。

牽引機はEF65の500番台(P型)、そして客車は24系24形という昭和50年頃の編成を再現したものとなりました。
私の強い記憶として残っているのは、直後のものでしょうか、EF65の1000番台(PF)に牽引された24系25形です。鉄道写真をし始めた頃が、ちょうどPからPFへの過渡期でして、出雲ぐらいがPで残っていました。他の東京発ブルトレは全てPFに置き換えられていたと記憶しています。

さて、東京駅100周年を記念して、1日だけ復活した特急富士号。
丸型のヘッドマークを取りつけられたP型は「かっこいい!」の一言でした。

当然、会社勤めの身ですので、行動範囲は制限されます。
さてどこで撮影しようかなということですが・・・・。

画像

PFが牽引する24系25形の富士です。
これが一番しっくりきます。


幸い、私の職場は東海道本線沿線・・・・。
この場所に事務所を構えた時には東海道ブルトレは全廃された後でしたので、出勤時や退社時にブルトレを撮影することは不可能でした。やっと!ようやく!!事務所の場所のありがたみを初めて感じました笑。

選んだのは東海道線をまたぐ歩道橋です。
30分前ぐらいにその場所に行くと、5名ぐらいの方がスタンバイしてました。
おそらくここであれば通過時ぐらいまでなら、日が差してくれると判断、望遠で前面ドカンという構図もかっこいいのですが、あえて24系24形の白帯が揃った編成を強調したいがため、少し西側から撮ることにしました。

そして、通過時間・・・・。
リバーサルフィルムで撮影しており、只今現像中です。
その2へ続きます。

ということで
画像

24時間超をかけた最長ランナーだった頃の方向幕です。


画像

カニ24は愛称幕周りは白、帯はステンレスで銀色なんですが、そこまで望むのは無理か・・・。
カヤ24なら白帯で良いんですけどね。


画像

隣の0系が懐かしい。

と懐かしの画像でつないでみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年12月24日 22:36
富士の牽引機、EF65 500番台だったのですかぁ、これは懐かしい編成となりましたね。小学生の頃、大阪駅で徹夜して東京発のブルトレを待ち構えたことを思い出します。

この記事へのトラックバック