懐かしの篠ノ井線183系号

懐かしの篠ノ井線183系号

来月は桃の収穫の季節です。この週末には長野へお手伝いに出かけなければなりませんでした。
全くと言って趣味の時間はないのですが、幸いにも長野に到着した時間が、ばっちり「その時間」と合いましたので撮ってきました、懐かしの篠ノ井線183系号です。

画像

期待通り、特製シールの愛称幕です。


画像

行き先案内にもきちんと表示されていました。
長野は関東ではなく、中京、関西圏との結びつきが強いのが、列車でもわかります。
ちなみに、長野県の桃もやはり中京圏や関西圏へ流通しているようですよ。
関東は福島や山梨の桃が見られますね。


画像

編成はN104編成です。元大宮車ですね。
先頭はクハ182です。種車は485系のため、後方にはステップがついています。485系時代の名残ですね。

この懐かしの篠ノ井線183系号は、松本駅で懐かしの大糸線189系号と同時発車し、しばらくの間、並走したそうです。私も当日夕方の長野県ローカルのニュースで見ました。粋な企画ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック