急行おが運転

急行おが運転

昨年の寝台特急出羽復活運転に引き続き、本年度は急行おが号が横浜から運転されました。
定期列車、臨時列車で運転されていた頃は、上野~秋田を結んでいた列車で、キハ58や14系、晩年は20系で運転されていました。

なんでも、今回のヘッドマークは男鹿市観光商工課の職員の方がデザインしたものだとか。
現役時代でも、20系のテールサインに「なまはげ」のデザインが入れられた時がありましたが、ヘッドマークは記憶がありません。

記憶に残るのは、ほっとゆだ付近の錦秋湖を行くDD51が牽引する急行おが号です。
画像


山形新幹線の工事により、奥羽本線経由から北上線経由になった急行おがを撮影しようと、数多くのファンの方が早朝の北上線に集結しました。


奥羽本線経由時代では、東北三大祭の竿灯が行われる8月初旬、運転区間は同じなのですが急行竿灯として運転されたこともあります。
画像


画像

ナハネフ23も上部の白線が1本消え、つり合いがとれない塗装となっていましたが、走るホテルの風格は残っていますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック