直江津駅に、再びあさま号到着。

直江津駅に、再びあさま号到着。


画像

この前のGWのことです。
前日は、屋代駅で引退した169系を撮影できました。

翌日は、ご厚意で直江津方面へむかうことになりました。家族は名立駅近くの「うみてらす名立」という観光施設へ行く間、私は時間をもらって、直江津駅で485系や413系を撮影するということになりました。名立駅からは、北陸本線に乗り込み、直江津駅へ。

ご存知の通り、直江津駅は北陸本線の終点、そして、信越本線が交わる要所となっているので、JR西日本の車両、JR東日本長野支社、新潟支社の車両、そして越後湯沢へのアクセスとなっている北越急行線の車両も乗り入れてきています。列車こそ本数が少ないですが、バラエティー豊かな車両たちを見ることができるのです。


画像

のどかな無人駅、名立駅です。


画像

改札を抜けたホーム下の案内には、あたかも国鉄時代の表記のように、東京、大阪方面の文字が・・・・。


画像

名立から乗車した北陸本線普通列車は、あいにく直江津到着が、臨時特急あさま号とほぼ同時刻。
直江津にあさま号がやってきたという証拠にはなるでしょうか。


画像

413系に乗車してきました。
もちろんJR西日本の車両です。


画像

折り返し、この列車は富山行となります。
ロングランですね。会社は分割されましたが、やはり日本はレール一本でつながっているということを実感させられます。


画像

未だに国鉄の銘板が取り付けられています。
改造は国鉄松任工場が担当しています。


画像

北陸本線全線開通100周年ということで、西の車両には、それを祝うステッカーが貼られています。

画像

そして駅には、こんな秀逸なデザインのフラッグもありました。

直江津駅に着いた途端、413系の撮影に夢中になり、そうこうするうちに、特急北越号の到着です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック