EH800-901号機輸送中止

EH800-901号機輸送中止

先週11/30の金曜日は、EH800-901号機が北府中を出て輸送されるということで、武蔵野線沿線は人手が多かったようですね。私も行きたかったのですが・・・・当然、仕事を抜け出すわけにはいかず、また、この日に限って、お客様へのご訪問はなく・・・・・。

ただ、結局、この日の甲種は中止になったそうです。
注目されていた電気機関車だけに残念でした。

画像


ここでは、現行の青函間を受け持つED79-50番台車の輸送中の一枚をご紹介します。
1989年のことだったと思います。
まだ、JR貨物も当時の輸送状況は上り調子だったということで、青函トンネルを通過するED79の増備に踏み切りました。同時期に登場したEF66-100番台車のように、外観をマイナーチェンジし、かつ、塗装も白を基調とした軽やかなものとされました。

輸送が好調な時期には、青函間を飛び出し、東北本線盛岡口まで顔を出していた時もありました(その写真は後日、アップします)。重連運用を主とし、ED75を追いやるかと思いきや、その後、新製されたのは、EH500というパワフルな電気機関車であったのは、ご存知の通りです。

今では、ED79はEH500にその活躍の場を狭められ、更にEH500もEH800に、青函間の船頭役を譲ろうとしています。ED75の面影をもつ、ED79。ますますその姿に注目が集まるのではないでしょうか。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック