EF65PF

EF65PF

EF65形1000番台という電気機関車は時には客車をけん引し、またある時には貨物をけん引するという汎用性のある電気機関車です。

国鉄時代そしてJR化後も、よく見かける電気機関車でした。

画像


東海道や東北方面の寝台列車のけん引にも活躍したので、さまざまなヘッドマークをかかげた姿が印象に残っていらっしゃる方も多いと思います。

現在では、客車の牽引はほとんどなく、もっぱら貨物会社に所属のPFが貨物けん引に日々充当されています。しかし、そのPFも次第に数を減らしていき、稼働機もわずかとなっているようです。さらに、国土交通省の省令の改正により、機関車ごとの速度制限の有無を判別しやすくするために、1000番台が2000番台に変更されているところです。1101号機も2101号機となってしまったのは周知のことでしょう。

PFが担当する貨物列車も先のダイヤ改正にて減少しました。
山手貨物線を走るPFは上下1本ずつです。

お客様への訪問帰りにでも撮影してこようかなとも考えていますが、なかなか時間が合いません。なんとか時間を合わせて記録していきたいですね。


画像

急行おがをけん引してきた国鉄時代のEF65 1041号機です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2012年06月03日 10:33
とんちゃん、お久しぶりです。
ヘッドマーク付の「あけぼの」の並びお宝ですね。
EF65も貴重な存在になってきましたぁ。
こちらでは、あまり見かけなくなってきました。
2012年06月03日 17:46
GAKU様
こちらこそご無沙汰しております。コメントをありがとうございました。
ブルトレ牽引では欠かせなかった65も、旅客会社には東と西に数両、貨物も塗装変更されたものも含めて数十両なので、見かけなくなりましたね。
意外にあっさりとなくなってしまうかもしれません。

この記事へのトラックバック