E231系900番台

E231系900番台


今日のJR東日本通勤電車の礎となった209系及びE231系シリーズです。
私が毎日通勤で利用している中央総武緩行線にも、209系とE231系が投入されています。

このシリーズで試作車として、E231系900番台車が存在します。
本日は帰宅時にこの試作車に久々に乗車できましたので、中野駅での折り返しを利用して撮影してきました。

画像

かつては、209系950番台車と名を与えられていましたが
途中からE231系900番台車として変更されています。
以前は、この形式ステッカーの下に、209-951との文字が浮かんでいたのですが、どうやらそれも
はがされてしまったようです。


画像

外観の特徴としては、乗務員室ドアが、黄色のステッカーで覆われていること、他のE231系とは異なり客室側面窓がブラックのUVカットガラスとなっていること、黒の大きなJRマークが貼られていることが挙げられます。

それにVVVFモーターも独特な音を醸し出すものとなっています。


閑話休題。
最近、このE231系に限らず、↓のポスターが中吊りでありますね。
画像

一度で良いから、メロディーを聴いてみたいものです。
アコースティックバージョンですから、弾き語りでしょうか・・・。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年07月26日 22:52
この編成,時々見かけます.
窓配置が209-500然としているのに,6DOOR組み込みなので,違和感があります.
2010年07月27日 17:59
ツキだっ!様
コメントを頂きましてありがとうございました。
仰せの通り、その違和感がまさしく試作車チックなんでしょうね。

この記事へのトラックバック