春の九州に誘われて その4

春の九州に誘われて その4

かしわうどんで、お腹も満足し、次の移動先まで少々時間があるので、小倉駅ホームで駅撮りをします。
画像


いきなり、九州特急軍からの洗礼です。
左が787系特急有明号、右が883系ソニック号です。
それぞれの登場時、今までの日本の鉄道車両にはないデザインで、注目を浴びました。

787系は、特急つばめ号として、西鹿児島(現鹿児島中央)までを走行していました。車内は、天井を高くとり、ビュッフェ車を連結し、輸送重視だった鉄道車両の傾向に風穴を開けました。車内サービスには、専用のつばめレディなる客室乗務員を添乗させ、設備と相まって、快適で贅沢な車内空間を作り上げたのです。

九州新幹線の部分開業により、現在では門司港、博多~新八代までの運行となり、列車名も「リレーつばめ」となり、九州新幹線つばめとの接続列車となっています。このリレーつばめとしての運用も、残すところ約1年。九州新幹線全線開業後は、宮崎方面の特急列車の置き換え用として投入される予定となっています。

787系は、つばめ号として投入されましたが、その後、485系有明を置き換えるために、有明にも投入されました。この両者を区別するために、車体前面や側面に、TUBAME、ARIAKEなどのステッカーが貼られています。ただ、現在は、リレーつばめの増結車として、有明の編成が用いられてることも多々あります。

写真のこの編成も、かつては運転台下ロゴマークとして、赤い四角に平仮名で「ありあけ」とあったのですが、今では、このようにARIAKEとされ、側面は赤い四角のみとなり、ありあけの文字は消されています。


又、883系ソニックは、485系の日豊本線特急にちりんを置き換えるために、投入されました。
カーブの多い日豊本線で高速運転を行うため、制御振り子式装置が導入されています。この高速運転により、北九州、博多地区と別府、大分間の到達時間短縮を実現させ、高速バスの独壇場であった福岡~大分間のシェア獲得に貢献しました。

登場時は、ワンダーランドエクスプレスと愛称が付けられ、4種類の前面色、ヴィヴィッドな車内配色と、あちこちに「遊び」の要素が取り入れられていました。しかし、登場して10数年、883系の認知度が高まり、完全リニューアル工事が行われました。これにより、前面は全ての車両で同じ色となり、車内も落ち着いた配色に変更となっています。

ちなみに、前面は、1次車~4次車、部分的にそれぞれ異なっています。ソニックの頭文字「S」があるのは、3次車、4次車の特徴です。


787系、883系両者とも見たときのインパクトは強く、お気に入りの車両です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック