春の九州に誘われて その2

春の九州に誘われて その2

4月2日、私が乗車する、のぞみ21号は品川駅に15分遅れで入線してきました。
当然、前が詰まっているので、品川駅を発車しても、新横浜駅まではノロノロ運転です。東海道新幹線区間は、高頻度かつ高速運転なので、遅れは、さほど取り戻せないだろうなとの察しがつきます。山陽区間に入って、どれだけの時間を取り戻せるかです。

画像

車内の電光掲示板では、さかんに、強風の影響で運転を見合わせていたため、遅れが出ていますとの内容の案内が流れています。

この列車で、小倉までは行くことに変わりは無く、まな板の上の鯉状態ですから、改めて、今回の計画を考えてみます。


所用は、翌3日の午後4時間ほど。残りは自由時間です。ということで、2日に小倉に到着後、近場でEF81の貨物列車や883、885、787系の撮影や乗車、その後、博多へ向かう。博多のコンフォートホテルにチェックイン後、博多ラーメンを食し、夜間の駅撮りを行う。就寝。

翌3日は、御手軽に原田駅で九州特急を駅撮り、その後、所用を済ませて、小倉駅でお土産を物色後、帰京する・・・という計画を立てました。

本来であれば、2日は九州入りして、大分へ向かい、485系にちりんを撮影しようとしていたのですが、費用対効果を考えて、今回はEF81の貨物列車を選択しました。


さて、前日、ぐっすり寝ていたにもかかわらず、新横浜を過ぎた辺りから、睡魔が襲い、目を覚ましたら京都の手前でした。
画像

京都までは、ここ数年、来ていたので、これも見慣れた光景です。


今回、乗車したN700系はJR東海車だったのですが、JR西日本区間に入ると、柴の文字でJR西日本の広告を流していました。
画像



新神戸、岡山、広島、新山口と停車、いよいよ本州と別れを告げ、新関門トンネルへと進みます。各駅では1分ずつ遅れを取り戻しているようですが、接続列車との接続申請をするため、申し出てくださいとの案内も絶えず行われておりました。
又、JR西日本の車掌さんは、観光案内もしてくれ、時折、車内アナウンスで、沿線の名所を紹介してくれます。新関門トンネルを出る時間までもアナウンスしてくれていました。


この、のぞみ21号は小倉駅13:56着が定時となるのですが、さてさて、何分の遅れを取り戻したのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック