東海道ブルトレ・その15 臨時あさかぜ&カートレイン

東海道ブルトレ・その15

JR化後も、20系客車が東京駅に出入りしていたということは、以前、臨時あさかぜ号の記事で、ご紹介しました。
今回は、今では撮影が不可となっている白糸川橋梁(通称根府川の鉄橋)にて、撮影した20系客車をご紹介します。

画像

寝台急行銀河と言われても、何の疑問も持たないでしょうかね。いえいえ、臨時あさかぜ号です。これでヘッドマークを付けてくれていたら、最高だったのでしょうけれど。臨時あさかぜにHMが取り付けられた実績があるのでしょうか。ご存知の方、教えて下さい。


この臨時あさかぜは、さすがに特急寝台で運転するのが時代に見合わなかったのか、数年で急行に格下げされ、愛称も玄海とされました。こちらも臨時列車にしては絵入りマークが掲げられ、20系最後の走りに華を添えていました。



画像

カートレイン九州です。ワキ10000形という貨物車と20系客車の組み合わせです。20系客車のうち、A寝台車であるナロネ21と電源車カヤ21が使用されています。20系客車は、防災上の観点から、上り下り共、必ず電気機関車の次位に連結されることになっていました。


このカートレイン、古くは汐留貨物駅から、そして汐留無き後は恵比寿駅、浜松町駅横の発着場から、九州までを結んでいました。その名の通り、乗客とそのマイカーを運ぶという、当時としては画期的な列車でした。その狙いは当たり、後に、名古屋と九州を結ぶユーロライナーを使用したカートレイン名古屋、浜松町と北海道を結ぶカートレイン北海道も登場しました。

又、オートバイとライダーを運ぶMOTOトレイン、モトとレール号も運転され人気を博しました。当時のJRは、アイデアが豊富で、やる気が感じられましたね。今では、すっかり保守的になっていますが。

残念ですが、いずれの列車も車両の老朽化その他の理由により廃止され、現在では運転されておりません。
ただ、地球温暖化防止、高速道路無料化に対抗する列車としては、魅力ある列車なので、是非復活を望みたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年09月08日 22:19
今では全然想像できませんが,恵比寿に貨物駅があって,カートレインが発着していましたよね.
当時小学生だった私は,通塾の際に,恵比寿でカートレインを見ていたのを思い出します.
東海道ブルトレは,ピーク時には臨時が設定されるほど,それなりに需要があったにも関わらず,今春で全廃されてしまいました.
サンライズも,登場時はもっと発展するものだと期待していましたが,現状維持のようですね.
2009年09月09日 09:36
ツキだっ!様

コメントをありがとうございます。
カートレインは車搭載のため、御昼過ぎからその準備をしていましたね。そのため、明るいうちから列車の姿を見ることが出来ました。

サンライズ登場時は、全てのブルトレが置き換えられるのではないかと、ある意味複雑な思いを抱きましたが、出雲、瀬戸意外は利用されないと考えられているのでしょうか。

交直流サンライズで博多まで走らせたら、需要があると思うのですが・・・。

この記事へのトラックバック