8月12日の「のぞみ29号」はW1

8月12日の「のぞみ29号」はW1

本日8月12日の東京12:30発のぞみ29号は、500系W1編成が充当されています。
画像


さて、120周年記念HM付き中央快速E233系を撮った後は、東海道新幹線ホームへ・・・。お盆休みということもあり、東京駅は何処も大混雑。真っ直ぐ歩くのにも苦労します。

もちろん新幹線ホームも大混雑です。
画像

特に自由席付近は、列が何列にも出来ていて、高速道路1000円の影響を受けているのかなと思わせるほどの盛況振りでした。

さて、定期の500系のぞみは、2往復。本日は臨時500系のぞみ号が2~3本運転されます。夕方までは、ほぼ1時間に1本は500系を見られる計算です。

その中、のぞみ29号に充当されたのは、500系W1編成でした。
W1編成は、1とあるように、500系で一番最初に誕生した編成で、特徴的な部分があります。
画像

それは、運転台側面下にある、●です。すれ違い時のデータを検測するための検知穴と言われています。これは、W1編成と数編成のみの特徴です。また、台車上にステップのようなラインが続いていますが、その形状もW1は他の編成と異なるようです。


画像

拡大してみます。


画像

折り返し整備が済んだ後、博多へ向けて出発していきました。

臨時のぞみが走ると、500系の並びが昨年までは見られたのですが、今年は700系に置き換えられ、又、発着ホームも変更されたため、いわゆる「並び」は見られなくなってしまいました。
昨年の記事はこちら・・・と書いて日付を見てびっくり!昨年も8月12日に同じ事をしていました・・・。進歩無いなあ・・・。
昨年の8月12日のW1とW2の並びの写真もあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック