東海道ブルートレインは、過去の鉄道少年の記憶の中へ

東海道ブルートレインは、過去の鉄道少年の記憶の中へ

とうとう最終日になりました。

13時頃、お客様への訪問で山手線に乗車しました。品川を出ると、富士・はやぶさの客車が、ラストランに向けて洗浄中でした。さらに機関庫前では、牽引機のEF66も洗浄中でした。品川~有楽町の各駅の先端には、5時間後のために場所取りをしている撮り鉄の方々が・・・・。気合い入ってます。

さて、仕事を早めに切り上げ、私も富士・はやぶさの見送りに行きます。

東京駅は大混雑だろうし、途中駅も人が多そう・・・ということで、ここで静かに、ゆったりと見送ることにします。
浜松町の貿易センタービルです。ここは、3月にリニューアル工事が完了したばかりで、今日、一歩、展望台へ踏み入れたところ、まるでホテルのロビーやラウンジのような印象を受けました。かつ、他の高層ビルの展望台と比較して、料金は620円とお得な安さです。

北方向は汐留、東京のビル群が、東方向にはお台場の華やかな夜景が、そして西方向は東京タワーが大きく見えます。

画像

そして、富士・はやぶさ最終列車が眼下を通過しました。
手ぶれをしていますが、ご了承下さい。写真右下に、ブルーの車体と赤いテールランプ。大分、熊本へのラストランは始まったばかりです。

画像

こちらの方が鮮明でしょうか。ひときわ明るいライトは、N700系でしょうか。モノレールも到着です。
左上にはレインボーブリッジ、お台場の観覧車も写っていますね。

画像

展望台内は、こんな感じ。
ゆったり、まったり出来ますよ。

東海道ブルトレは、過去の鉄道少年の記憶の中で、走り続けることでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック