突然ですが、電源車です その2

突然ですが、電源車です その2

今回は、電源車カニ24の派生種をば。

画像

マイクロスカート付きカニ24ですが、なぜか2本目のステンレスの飾り帯が、スカート近くに下げられて取り付けられています。

画像

あさかぜ、出雲用にグレードアップされ、銀帯2本から金帯3本になったカニ24-100番台2両です。間には上記のカニ24が富士の愛称幕で留置中です。ただ窓押さえのHゴムが未だ灰色ですね。品川駅ホームからは、夜に向けて整備中の寝台列車が並べて留置されており、このような光景が日々見られました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月09日 10:39
記事、2編とも拝見しました。
地味な電源車にスポットを当てるあたり、とんさんらしい。
しかし、こうみると、案外バリエーションが多かったんですね。
銀河の編成に、トワイライト用電源車が組成されていたのも思い出です。
とん
2008年12月09日 17:19
ツキだっ! 様コメントを頂きましてありがとうございました。
電源車も種類が多岐に渡り、なかなか良い物ですよ(笑)。更にカニを紹介しようと思っております。
銀河編成にTESのカニが付いていましたし、反対にTESに青色のカニが付いていたこともありました。銀河ではEF65-1118が牽引すると赤・緑・青と華やかな編成になっていましたね。
夢幻鉄道
2010年10月18日 17:44
管理人様、初めまして。鹿児島に住む鉄道趣味人(ブルトレブーム世代)です。九州ブルトレが終幕して1年。鹿児島の視点で言えば関西往復が消えて6年、東京往復が消えて13年もの月日が経ちました。しかしテツ愛好の主柱ともいえるブルトレ客車への探求心は劣える事はありません。管理人様撮影のカニ24(6)はマイクロスカートの有無位しか差異の無い同形0番台電源車にあって非常に興味深い1両です。新製時からのスタイルなのか何らかの事情(改造)によるものか、未だ不明。いずれにしても大好きなブルトレ車輛の一つです。貴重な(特に品川待機中の)画像を拝見させて頂き、有難うございます。

2010年11月14日 16:18
夢幻鉄道様

コメントを頂きましてどうもありがとうございました。又、お返事が遅くなりまして大変申し訳ございません。 
 私が鉄道に興味を持ち始めて、好きになった列車・・・それが寝台特急富士号です。西鹿児島まで24時間超をかけて走る列車に一度乗車してみたかったです。

電源車のバリエーションもJR化後増加しましたね。客車列車自体が少なくなっており、ますます私の注目の車両となりました。

この記事へのトラックバック