207系試作車に出会う。

207系試作車に出会う。

代々木上原にて数本待ったら、207系900番台車がやってきました。
画像


JR東日本のHPによると
「1986年に登場した国鉄初のVVVFインバータ制御電車。車体などは205系に準じているが、東京メトロ千代田線に乗り入れるため前面に非常扉が設けられている。1編成だけ試作的に製造されたため、出会うチャンスの少ない貴重な車両である。」
とあります。

今では、VVVFインバータが、鉄道車両に使用されるのは極当たり前のことになっていますが、国鉄時代には画期的なこととされていました。VVVFとは「Variable Voltage Variable Frequency」の略で、モーター駆動の一種法です。F1でのマシンのギアチェンジの音に似ていて、モーターの音色が段々に変化していくのが特徴です。と、メカニック的には文系の私にはここまでしか解りません。理系の方、この後を引き継いで下さい車体は現在、埼京線等で使用されている205系に似ていますね。

上記にあるように、試作車として製造されたため、1編成しかなく、かつ、常磐線取手~地下鉄千代田線代々木上原という長距離を走行しているため、なかなかお目にかかることはありません。

常磐緩行線など、一番縁がない路線なので撮ることもなかったのですが、たまたまコンデジを持っていたので、間もなく終焉と言われる207系900番台車を撮ることが出来ました。

画像


こちらは、常磐緩行線~千代田線で多く使用されている203系。この車両も国鉄時代の車両のため、置き換えがささやかれていますが、果たしていつになるのか?
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月04日 19:06
たまに、これに遭遇すると、嬉しくなりますよね。207-900。走行音が独特で、好きです。
とん
2008年11月05日 14:34
ツキだっ! 様、コメント頂きありがとうございます。
ちなみに、VVVF音で有名な京急のドレミ音はお好きでしょうか?

この記事へのトラックバック