東海道ブルトレその1・寝台特急さくら

東海道ブルトレその1・寝台特急さくら

昭和の子供達のブルトレブームを再現します。
当時の寝台特急は、愛称名も本数も多く、寝台特急○○9号なんて、まるでL特急のような本数をほこる列車までありました。その中でも東海道本線系列の寝台特急は、国鉄合理化の波をもろともせず、牽引する電気機関車にヘッドマークをかかげるものであり、子供達の中での人気も抜群でした。

列車にはそれぞれ列車番号が与えられていますが、東海道筋で栄光の1、2の列車番号を与えられたのが「さくら」号でした。下りは豪華東海道ブルトレ陣のトップバッターで16:30(だったかな?)に東京駅を発車。上りは東京駅着のトリを飾る11:30頃の到着でした。

私が鉄道写真を撮り始めた頃には、EF65-1100が牽引しておりましたが、このさくらには、ヘッドマークが2種類存在することは有名です。

画像

まずは、さくらの花がピンクのもの
(この写真、よく見ると運転席下の機関区の札「東」の右横に、列車番号が書かれてある札も入ってますね。1、2と書いてあります)

画像

これは、さくらの花は白で、周りがピンクとなっています。

これが、牽引機がEF66という機関車に変わると同時に、
画像

花がピンク、周りは緑という葉桜ヘッドマークになりました。

さくらが東京駅に入線してくると、待機していた子供達がいっせいに動き始めます。
ここから18時30分頃まで、ゴールデンタイムが始まりです。フィルムがいくらあっても足りません。電気機関車、14系客車、行先表示等・・・。
画像


1レさくらを撮っていると、しばらくして3レ寝台特急はやぶさ号の入線です。
子供達の大移動が始まります。

(2008/12/10写真追加)
画像

東京駅に到着する、さくら号。

画像

はやぶさ号と併結運転となった、さくら号。ヘッドマークもさくらとはやぶさのイラストとなっています。今では、はやぶさ号は富士号に併結相手を変えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

HAKUTAKA
2016年04月24日 18:15
突然ですが、失礼します。
上から4番目に出ている「14系客車」の画像ですが、
お借りしたいのですが、よろしいでしょうか?
用途としては、鉄道史を紹介するいわゆる名列車でいこうという動画を作るためにお借りしたいと思った所存です。
返事待ってます<(_ _)>
2016年04月25日 09:19
HAKUTAKA様
コメントをありがとうございました。
画質も悪いですが、どうぞご利用ください。
HAKUTAKA
2016年04月25日 22:17
とんちゃん様

ご協力感謝します<(_ _)>
HAKUTAKA
2016年06月05日 17:39
とんちゃん様
ご無沙汰しております。
先ほど、動画が完成しましたので、ここにお知らせいたします。
動画URLを貼っておきます↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=5mpotygrj6E
なお、ただいま限定公開でして、
通常公開は、6月12日を予定しています。
視聴しましたら、返事をお願いいたします。
2016年06月21日 14:08
HAKUTAKA様
お返事が遅くなりましたが、動画拝見しました。あんな写真でもきれいに活かされるものなのだなあと感動しました。

この記事へのトラックバック