いろどり山梨八ヶ岳号

いろどり山梨八ヶ岳号

5月17、18、24、25日に、千葉~小淵沢で「いろどり山梨八ヶ岳」号が運転されました。

相変わらず平日は仕事、土日は勉強の毎日で少々お疲れ気味なのですが、こんな車両を目撃すると少しは元気が出ます。

昨日21時頃、水道橋を出て、各駅停車で帰宅途中、吉祥寺駅で人身事故の車内放送がありました。ちょうど四ッ谷駅停車中で、快速電車は動いているとのことなので、快速電車ホームへ。「最近、JRも融通がきくようになったから、土日でも停めてくれるでしょ」との考えもあったんですよね。ということで、快速ホームで待っていると、通過列車のアナウンスがありました。

この時間の通過はなんだろ、回送かな・・・と見ていると、やってきました、長野のジョイフルトレイン「彩(いろどり)」です。まあ、鉄の端くれですから、山梨ディスネーションキャンペーンのため、千葉~小淵沢で運転されたんだなということは知っていましたが、こんな列車を見かけるとワクワクしてしまいます。記憶をたどってみると「この回送列車は新宿で10分ぐらい停車するはず・・・」→「よっしゃ、追っかけて携帯電話のカメラで撮るぜ!」ということで、後続の快速電車で新宿へ。
画像


画像

案の定、11番線ホームに彩は止まっていました。これから、遠路、長野まで回送されるまでの小休止です。

今回、この回送列車、車内の電気も点いていたし、前面の愛称も「いろどり山梨八ヶ岳」号のままだったので、ホーム上の人達にかなり注目を浴びていました。老若男女、車内を覗き込む人、珍しい前面の写真を撮る人、人気がありましたよ。かなりのアピールにはなってたので、今後、臨時列車で走るときは、事前の広告を大々的にやれば、集客出来るのではないでしょうか。

しかし、この彩の前面愛称表示は目立ちますね。家庭用の液晶モニタをそのまま置いています。予め作成した動画をDVDで再生出来るようになっています。今回も、山梨DCの動画をエンドレスで流していました。愛称幕が無く「臨時」、「特急」といった簡素なものよりはるかに良いですね。

こちらはクロ481-1503側。1500番台と言ってもタネ車とは全然違います。
画像


画像

1500番台を名乗ってはいるものの、別な形式のような外観です。

画像


画像

車内は、開放座席車とコンパートメント車に分かれます。コンパートメント車は、座席をフラットにすることが出来、足を伸ばして、仲間内でゆっくりと旅を楽しむことが出来ます。

画像

これは、一箇所設置されている電動マッサージチェア。温泉みたい。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック