自称かくれ東上線ファン

何をかくそう自称隠れ東上線ファンです
画像

川越に親戚一同が大勢いることもあり、東武東上線は親しみのある路線です。

池袋から、成増、志木、川越、森林公園を経て寄居まで走っています。以前は、セージクリーム(肌色)一色の8000系という電車が多数を占めていて、東京近郊にも関わらず、なんともローカルなイメージが染み付いていました。

その後、8000系はホワイトにブルーの帯をまとうようになり、その他ステンレス車両が増備されていき、この6月のダイヤ改正では、定員制のライナー、TJ(ティージェー)ライナーが設定されます。東上ライナーでもよかったのかもしれませんが。

一方、このダイヤ改正で、歴史のある「特急」という種別が廃止されます。かつては、むさしの、さだみね、たまよど、ながとろ、みつみねと愛称のついた特急が、ヘッドマークを掲げて、秩父鉄道へ乗り入れ、ハイキング客を運んでいました。しかし、いつの間にか、これらの愛称が消え、「特急」という種別だけを表示する列車となっていました。現在、特急は休日の朝下り2本、夕方に1本が設定されています。

池袋を出ると、志木、川越、川越市・・という停車駅で、通常の急行、準急なら停車する成増を通過することに「特急」の特別さを感じていました。

この特急をはじめとして東上線で活躍していた8000系も更新改造がなされ、オリジナルの車両が少なくなってきています。写真の8111Fがその少ないオリジナルの車両のうちの一つです。本日は、準急・森林公園行きに充当されていました。

今年は、こいつを狙いに東上詣になりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック